Windows Vista の選び方

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

Windows Vista とは

Windows Vista とは、Microsoft 社の最新 OS ソフトです。多くの新型パソコンに Windows Vista がインストールされており、徐々に普及しつつあります。

Windows Vista のエディション

Windows Vista には幾つかエディションがあり、それぞれ使用できる機能等が異なっています。以下は、Windows Vista のエディション一覧です。
Home Basic
個人向けのエディションであり、一般家庭で使用するパソコンであれば、十分な機能が詰まっています。また、Windows Vista は、性能の高いパソコンでないと、動作が重くなるなどの症状が出ますが、Home Basic は、他のエディションと比べ、やや性能が低いパソコンでも使えます。
Home Premium
個人向けのエディションであり、Home Basic と比べると、映像や画像、音楽などのデジタルエンターテイメントを楽しむための機能が強化されています。Windows Vista 搭載パソコンであれば、このエディションがインストールされている事が多いです。
Business
ビジネスユーザー、企業向けのエディションです。ビジネス用の機能が強化されています。
Ultimate
Home Premium と Business で使える機能が入っており、個人とビジネスユーザー、企業のどちらにも適したエディションです。このエディションが、Windows Vista の最上位となっており、高価なパソコンによくこのエディションがインストールされています。
Enterprise
大規模でグローバルな企業向けのエディションです。個人向けには販売されていません。
一般家庭でパソコンを利用するのであれば、Home Basic か Home Premium のどちらかがおすすめですが、Windows XP から Windows Vista になって登場した機能などを十分に使える Home Premium の方がおすすめです。仕事用に使用するパソコンであれば、Business か Ultimate が向いていますが、Ultimate であれば、Home Premium で使用可能な機能も入っていますので、予算に余裕があれば Ultimate がおすすめです。

Windows Vista のシステム要件

Windows Vista は、Windows XP よりもパソコンに要求するスペックが高いため、やや古いパソコンや、性能が低いパソコンに Windows Vista をインストールする場合は注意が必要です。

Microsoft Windows ホーム ページにて Windows Vista のシステム要件が書かれていますが、ここに書かれているシステム要件は本当に最低限必要なスペックなので、実際にまともに使えるように Windows Vista を動かすには、さらに高いスペックが必要です。

人によってどの程度速く動作すれば快適に感じるか基準が違うので、どのくらいパソコンにスペックがあれば良いのか決めるのは難しいですが、特に注意が必要なのはメインメモリー容量で、システム要件の2倍の容量が望ましいです。つまり、Home Basic であれば、1GB 以上のメインメモリー容量、それ以外のエディションであれば 2GB 以上のメインメモリー容量が欲しいです。

パッケージ版(製品版)、DSP 版(バンドル版)

OS ソフトの Windows Vista を購入する場合は、パッケージ版かDSP 版のどちらかを選ぶ事になります。

まずパッケージ版についてですが、これは OS ソフト単体で販売されているソフトです。

DSP 版は、パッケージ版と比べ大幅に安くなっていますが、メインメモリーや、FDD 、HDD 等のPC パーツとセットにして販売されており、この DSP 版は、セットにして購入した PC パーツが組み込まれたパソコンにインストールして使用する事ができます。よって、もし別のパソコンに OS を移す場合は、セットにして購入した PC パーツも移動させなければなりません。よって、この PC パーツが故障し使えない場合は、OS のライセンスを失うので、別のパソコンにインストールできません。

このように DSP 版には、別のパソコンに引越しする場合に制限が付きますが、パッケージ版の半額程度で購入できるため、セットにして購入した PC パーツが組み込まれたパソコンをずっと使い続ける、または引越し作業でセットで購入した PC パーツを組み込めるパソコンの利用を考えているのであれば、DSP 版がおすすめです。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




デル株式会社