Windows 8 の選び方 - ソフトウェアの選び方

最終更新日 2015年11月03日

Windows 8 とは

Windows 8 は、Microsoft 社の OS ソフトウェアです。Windows 7 の後継となる OS です。Windows 7 から特に大きく変わったのがユーザーインターフェースです。スマートフォンやタブレット端末等でよく見られるタッチパネル操作に対応しています。

Windows 8 のエディション

Windows 8 のエディション の一覧

Windows 8 には以下のエディションが存在します。
Windows 8
一般ユーザー向けのエディションです。Windows 8 という製品名と紛らわしいため、無印版とも呼ばれます。
Windows 8 Pro
ビジネスユーザー向けのエディションです。ビジネス用途に必要な機能が含まれます。
Windows 8 Enterprise
企業向けのエディションです。ボリュームライセンスで販売され、個人が購入するものではありません。
Windows RT
タブレット端末向けのエディションです。プリインストールされて販売され、OS 単体で購入できません。
家庭で個人が使うパソコン用に選ぶなら、Windows 8 で十分です。もし、Windows 8 では不十分でも、Windows 8 Pro にアップグレード可能な製品が販売されています。

Windows 8 と Windows 8 Pro の違い

以下は、Windows 8 には無いですが、Windows 8 Pro にある主な機能です。
VHD 起動
VHD ファイルに OS の Windows をインストールし起動できる
クライアント Hyper-V
仮想マシンを使用して、同じパソコンで複数の OS を同時に実行できる
ドメイン参加
ドメイン管理されたネットワークに参加できる
グループポリシー
ドメイン参加しているパソコンに対し、ドメイン管理者がポリシー(環境設定)を適用できる
BitLocer、BitLocker To Go
ストレージ全体を暗号化できる(BitLocer は内蔵ストレージ用機能、BitLocker To Go は外付けストレージ用機能)
暗号化ファイル・システム
ストレージに保存したデータを暗号化できる
リモートデスクトップ(ホスト)
同じネットワーク、またはインターネットに接続されている別のパソコンから、パソコンに接続できる
もし、上記の機能を使用するのであれば、Windows 8 Pro を選ぶ必要があります。

アップグレード版を購入する際の注意点

どの旧 Windows からアップグレード可能か

Windows 8 へアップグレードするには、以下の旧 Windows がインストールされている必要があります。

WindowsXP SP3
Windows Vista
Windows 7

他に、以下の Windows 8 のプレビュー版がインストールされたパソコンからも、アップグレード可能です。

Windows 8 Consumer Preview
Windows 8 Release Preview

異なるビットへのアップグレードは不可能

Windows 8 には、32ビット版と64ビット版が存在しますが、アップグレード元と合わせる必要があります。つまり、アップグレード元の Windows が32ビット版の場合は、64ビット版の Windows 8 へアップグレードできません。同様に、アップグレード元の Windows が64ビット版の場合は、32ビット版の Windows 8 へアップグレードできません。

引き継ぎ可能なデータが異なる

アップグレード元の Windows によって、Windows 8 へアップグレードした時に引き継ぎ可能なデータが異なります。

旧 OS 個人データ Windows 設定 アプリケーション
Windows XP SP3 × ×
Windows Vista ×
Windows 7

アップグレードでトラブルが発生するリスクあり

OS のアップグレードの際はどうしても避けられない問題ですが、Windows 8 へアップグレードを行うと、アップグレード元の Windows では正常に動作していたソフトウェアやハードウェアが正常に動作しなくなる可能性があります。

そのため、Windows 8 へアップグレードする前に、パソコンのメーカー(ショップブランドの場合はパソコンショップ)の公式サイトに行き、Windows 8 へアップグレードしても特に問題はないか確認するのが無難です。パソコンとは別途で購入したソフトウェアやハードウェアの場合は、その開発メーカーの公式サイトにて確認するのが無難です。(Windows 8 へアップグレードに関する情報を掲載していないところもあります。)

OEM 版、パッケージ版、DSP 版

OEM 版は、プリインストール版とも呼ばれ、パソコンにプリインストールされて販売されるものです。そのため、OEM 版を選ぶ事は、パソコンを選ぶ事になります。

OS 単体で購入するには、パッケージ版か DSP 版を選ぶ必要があります。ただし、パッケージ版は、アップグレード向けのみとなり、DSP 版は、新規インストール向けのみとなります。そのため、アップグレードしたいならパッケージ版を、新規インストールしたいなら DSP 版を選ぶ事になります。

また、Windows 8 の DSP 版では、Windows 7 等の旧 Windows と違い、PC パーツとセットで購入し、その PC パーツとセットで使用する必要はありません。

おすすめ OS(Windows)製品販売ショップ

OS の Windows 製品は、主に自作パソコンユーザー向けに販売されてきましたが、自作パソコンの衰退と共に自作パソコンユーザー向けに PC パーツや Windows 製品の販売に力を入れるショップが少なくなりました。

このような状況でも豊富な品揃えや価格の安さを武器に Windows 製品の販売に力を入れているショップは存在し、以下は Windows 製品を購入するなら見ておきたいおすすめのショップです。
ドスパラ
ドスパラは、ショップブランドや PC パーツ等を販売しているパソコンショップです。パソコンショップの中では最大規模で、ショップブランドの品揃えの豊富さが目立ちますが、PC パーツや周辺機器、OS(Windows )も含めたソフトウェアの品揃えも豊富です。
(2014年11月22日時点)
ツクモ
ツクモは、AeroStream と呼ばれる静音デスクトップパソコンで有名なパソコンショップですが、各メーカーのパソコン本体や PC パーツ、周辺機器等の品揃えが豊富で安い特長があり、OS(Windows )にも当てはまります。
(2014年11月22日時点)
PC ワンズ
PC ワンズは、PC パーツと自作パソコンの専門店です。BTO パソコンも販売していますが、自作パソコンユーザー向けに特化した品揃えとサービスを提供しており、PC パーツや周辺機器等の品揃えが豊富で、自作パソコンに欠かせない OS(Windows )も販売しています。
(2014年11月22日時点)


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




デル株式会社