Key BのM.2 SSDはある?

最終更新日 2019年01月07日

Key B の M.2 SSD はあるのか

M.2 フォームファクターと M.2 SSD (Solid State Drives) 情報 - サンディスク には、以下のとおり書かれています。
一般的な M.2 SSD キーイング構造は、Bキー、Mキーまたは B+M キーをKey を含みます。

SanDisk M.2 SSDの場合、X600およびZ400モデルではBおよびM(B + M)キーが使用され、SanDisk Extreme Pro M.2 NVMe 3D SSDではMキーのみが使用されます。
他のメーカーでも同様な情報を公開しており、M.2 SSD では Key B、Key M、Key B+M どれでも採用することは可能ですが、Key M か Key B+M の M.2 SSD を発売しており、Key B の M.2 SSD を発売していないようです。

M.2 - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。
実際の機器において、PCI Expressレーンを使用するSSDではM、SATA接続のSSDではBとMのKeyIDが割り当てられている。
この説明は特定のメーカーの M.2 SSD に限ったものではなく、Key B の M.2 SSD はないようです。

対応可能なインターフェースは、Key B では PCI Express x2 か Serial ATA、Key M では PCI Express x4 か Serial ATA、Key B+M では PCI Express x2 か Serial ATA となります。

M.2 SSD は、Key B よりは Key B+M を採用する方が搭載可能なマザーボードが多くなります。Key B+M の M.2 SSD なら Key B の M.2 スロット、Key M の M.2 スロットどちらでも搭載できます。

Key M の場合は、搭載可能なマザーボードは減りますが PCI Express x4 に対応するためなら Key B+M ではなく Key M を採用するメリットがあります。

M.2 SSD には Key B を採用するメリットは特にないと考えられますので、Key B の M.2 SSD は出てこないと思われます。

・Key B の M.2 SSD はない


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)

M.2 SSDのKey



デル株式会社