高価格タブレットPCをおすすめしない理由

最終更新日 2018年03月06日

タブレットPCが高価格だと判断する価格基準は

価格が安いタブレットPCが多いですが、高価格なタブレットPCもあります。

タブレットPCでは、いくらから高価格なのかは決まっておらず、高価格と判断する価格の基準は人それぞれですが、パソコンの平均価格が10万円くらいになった今となっては、価格が20万円以上なら多くの人が高価格と判断すると思われます。

タブレットPCは、デスクトップパソコンやノートパソコンと比べて価格が安い傾向が見られますので、タブレットPCだと価格が10万円くらいでも、まだ多くの人が高価格と判断することでしょう。

パソコンの平均価格は、まだ下がり続ける可能性があり、上記のタブレットPCが高価格だと判断する価格基準は、将来変わっていくと思われます。(2017年8月1日時点)

高価格タブレットPCの価格が高い理由

高価格タブレットPCの価格が高い主な理由は、性能が高いからです。性能以外のところにも大きなコストをかけていることも価格が高い理由ですが、性能が高いという理由が大きいです。

高価格でも高性能なら選ぶ価値がありますが、高価格タブレットPCはコストパフォーマンスが低い、すなわち性能の割に価格が高すぎます。

これが、高価格タブレットPCをおすすめしない理由です。

タブレットPCに限らずデスクトップパソコンやノートパソコンでも、性能が高くなっていくほどコストパフォーマンスが低くなる傾向が見られますが、タブレットPCは顕著です。

できるだけ高い性能を持つタブレットPCが必要であれば、高価格タブレットPCを選ぶしかありませんが、デスクトップパソコンやノートパソコンで高い性能を必要とする作業を行えるのであれば、高性能デスクトップパソコンか高性能ノートパソコンと、低価格タブレットPCを用意して使い分ける方が経済的です。

使用目的に応じてタブレットPC、デスクトップパソコンやノートパソコンを使い分けると経済的

例えば、ネットサーフィン、電子書籍の利用、文書編集、動画編集、画像編集に使うためにパソコンを用意するとします。高価格タブレットPCが1台あれば、これらの作業を快適に行えることでしょう。

文書編集、動画編集、画像編集を行うなら、大画面でマウスとキーボード操作をしたいところですが、タブレットPCにマウス、キーボード、外付け液晶ディスプレイを接続できれば、実現できます。

タブレットPCが実現できる性能の高さは、デスクトップパソコンやノートパソコンにかなわないので、作業内容によっては高価格タブレットPCでも性能が不足しますが、少なくともネットサーフィン、電子書籍の利用、文書編集くらいであれば、快適に行なえます。

動画編集、画像編集では、パソコンにかかる負荷が大きくなってくると、高価格タブレットPCでも快適に行なえませんが、ここでは高価格タブレットPCでも十分快適にできる動画編集、画像編集とします。

もし動画編集、画像編集を行うのにタブレットPCは必須ではなく、デスクトップパソコンでも良ければ、低価格タブレットPCとデスクトップパソコンを使い分けることができます。

高価格タブレットPCよりは快適性が落ちますが、低価格タブレットPCでも、ネットサーフィン、電子書籍の利用、文書編集くらいなら、十分快適に行なえます。

選択対象を高価格タブレットPCから低性能タブレットPCへ変えることで、両者の価格差分のお金が浮きます。その浮いたお金を予算にすれば、高価格タブレットPCよりも、ずっと性能が高いデスクトップパソコンを選べることでしょう。

例えば、価格が20万円の高価格タブレットPCではなく、価格が5万円の低性能タブレットPCを選ぶことにすれば、15万円分のお金をデスクトップパソコンにつぎ込めます。

浮いたお金を全て予算にしなくても、高価格タブレットPCよりも性能が高いデスクトップパソコンを選べれば、お金が残ります。

デスクトップパソコンでは持ち運べなくて困るのであれば、ノートパソコンを選べば良いです。さらに持ち運びしやすさも重視するなら、モバイルノートパソコンを選ぶと良いです。

ただし、モバイルノートパソコンだと、性能が高くなっていくほどコストパフォーマンスが低くなる傾向が顕著になってきますので、タブレットPCとモバイルノートパソコン両方そろえるのではなく、どちらか1台に絞ることも選択肢に入れると良いです。

一般的なモバイルノートパソコンはタッチパネルではありませんので、タブレットPCのようにタッチ操作できませんが、タブレットPCとしても使える 2 in 1 ノートパソコンであれば、タッチパネルですので、タッチ操作可能です。

おすすめタブレット PC 販売ショップ

タブレット PC 販売ショップは数多く存在します。販売ショップを国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに分けると、海外メーカーにはコストパフォーマンスが高く価格が安くても優れたタブレット PC がそろっているのでおすすめです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのタブレット PC は、ビジネス用途向けとして設計、開発してきた事もあり、完成度が高いです。
(2015年2月20日時点)
Lenovo
レノボは、目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになったパソコンメーカーです。今では最も勢いのある海外メーカーであり、タブレット PC でも積極的に新製品を開発しており、ラインナップが豊富です。
(2015年2月20日時点)
ASUS
PC パーツだけでなくパソコンでも世界的に多くのシェアを獲得し続けている海外メーカーです。Windows タブレット PC より Android タブレット端末に力を入れているためラインナップは少ないですが、良いモデルを安く提供しており人気が高いです。
(2015年2月20日時点)


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で11〜23%OFF等の9大特典
(9月26日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)

コラム - タブレットPC