メモリーカードスロット - タブレットPCの選び方

最終更新日 2016年08月03日

メモリーカードスロットとは

メモリーカードスロットは、メモリーカードを挿入し、メモリーカードからデータを読み込む、またはメモリーカードへデータを書き込むために使用する差し込み口です。

メモリーカードスロットがあれば、メモリーカードに保存された画像等のデータをタブレット PC に取り込んだり、逆にタブレット PC に保存されているデータをメモリーカードへ書き込む事ができます。

外付けのメモリーカードリーダー/ライターを利用する手もあり

たいていのタブレット PC には、メモリカードスロットが付いています。メモリーカードを使うなら、なるべくメモリーカードスロットが付いているタブレット PC を選ぶ方が良いです。

メモリーカードスロットが付いていなくても、メモリーカードを使用しないなら付いていなくても問題ありません。もし、後にメモリーカードを使う事になっても、外付けタイプのメモリーカードリーダー/ライターがあります。ただし、メモリーカードリーダー/ライターを接続して使える条件を満たす必要があります。

有線であれば、Micro USB に接続して使用するメモリーカードリーダー/ライターがよく見られますが、このような製品を使用するなら、タブレット PC に外部インターフェースとして Micro USB が付いている必要があります。

他に、無線接続で使用するメモリーカードリーダー/ライターもあり、無線 LAN を搭載しているタブレット PC なら使用可能となります。

ただし、タブレット PC とメモリーカードリーダー/ライターの組み合わせによっては使用できない場合がある事を承知しておく必要があります。メモリーカードリーダー/ライター側で、あらゆるタブレット PC に対応するのは難しいですので、何らかの原因で特定のタブレット PC だと使用できない場合があります。

もし、メモリーカードスロットが付いてないタブレット PC を選び、後に確実にメモリーカードを使いたいのであれば、そのタブレット PC のメーカーで、別売りとしてタブレット PC に接続して使えるメモリーカードリーダー/ライターを販売していないか確認してみると良いです。

発売されたばかりのタブレット PC だと難しいですが、選んだタブレット PC に対応しているメモリーカードリーダー/ライターが販売されていないか探してみるのも手です。特に人気が高いタブレット PC であれば、需要を見込んでそのタブレット PC に対応したメモリーカードリーダー/ライターを製造し、販売しているメーカーが存在する可能性が高いです。

メモリーカードスロットの構造

タブレット PC が、どのような使用用途を考慮して設計されているかで、メモリーカードスロットの構造が変わってきます。大きく分けて、メモリーカードを一時的にデータの読み込みや書き込みに使用する用途と、ストレージとして使用する用途に分かれます。

一時的にデータの読み書きに使用する用途を考慮しているのあれば、メモリーカードの抜き差しがしやすいように作られていますが、ストレージとしての使用用途を考慮しているのであれば、メモリーカードの抜き差しがしづらいように作られている場合があり、中には工具等の道具を使用しないと抜き差しできないようになっているモデルもあります。利便性は落ちますが、衝撃や接触でメモリーカードが気づかぬ内に紛失してしまうリスクを減らせます。

メモリーカードを頻繁に抜き差しするような使い方が発生するなら、メモリーカードが抜き差ししやすい構造になっているモデルを選ぶのがおすすめです。

メモリーカードをストレージとして使うなら、メモリーカードが抜き差ししにくい構造の方が、紛失のリスクを減らせるため安全ですが、タブレット PC は室内を限定に使い、衝撃や接触でメモリーカードの紛失が発生しにくいようなら、メモリーカードが抜き差ししやすい構造でも問題ありません。

メモリーカードスロットの構造は、仕様に書いてある文字だけの情報ではわかりにくいですが、公開されている製品の写真も確認して調べておくと良いです。メーカーが公開している仕様等からではわからない場合は、製品名とレビュー等の検索キーワードを使ってインターネットで調べてみると良いです。

対応メモリーカード

メモリーカードには様々な種類がありますが、タブレット PC に付くメモリーカードスロットが対応するメモリーカードの種類は、たいてい SD カードや microSD カードとなります。microSD カードは、SD カード変換アダプターを使用すれば SD カードとしても使えます。そのため、SD カードに対応しているメモリーカードスロットであれば、microSD カードも使えます。

SD カードはさらに種類が分かれ、種類ごとに容量が異なります。ただの SD カードは 2GB までであり、SDHC カードは 4GB 〜 32GB、SDXC カードは 48GB 以上となります。microSD カードも同様であり、microSDカード、microSDHC カード、microSDXC カードに分かれています。

メモリーカードスロットは、各種類の SD カードに対応していないと使えません。例えば、SD カードに対応しており、SDHC カードと SDXC カードに対応していないメモリーカードスロットは、SD カードのみが使え、SDCH カードや SDXC カードは使えません。

メモリーカードスロットが付いていれば、まず各種類の SD カードに対応していますが、各種類の SD カードを使用する必要があれば念のために対応しているか確認しておくと良いです。

SD カードや micro SD 以外のメモリーカード(メモリースティックやマルチメディアカード等)を使えるタブレット PC はかなり少ないため、このようなメモリーカードを使用したいのであれば、外付けタイプのメモリーカードリーダー/ライターを利用するとして、タブレット PC を選ぶと良いです。

おすすめタブレット PC 販売ショップ

タブレット PC 販売ショップは数多く存在します。販売ショップを国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに分けると、海外メーカーにはコストパフォーマンスが高く価格が安くても優れたタブレット PC がそろっているのでおすすめです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのタブレット PC は、ビジネス用途向けとして設計、開発してきた事もあり、完成度が高いです。
(2015年2月20日時点)
Lenovo
レノボは、目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになったパソコンメーカーです。今では最も勢いのある海外メーカーであり、タブレット PC でも積極的に新製品を開発しており、ラインナップが豊富です。
(2015年2月20日時点)
ASUS
PC パーツだけでなくパソコンでも世界的に多くのシェアを獲得し続けている海外メーカーです。Windows タブレット PC より Android タブレット端末に力を入れているためラインナップは少ないですが、良いモデルを安く提供しており人気が高いです。
(2015年2月20日時点)


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)

タブレットPCの選び方



コラム - タブレットPC