8インチ型タブレットPCが売れない理由

最終更新日 2018年10月19日

ラインナップから消えていく8インチ型のタブレットPC

タブレットPCの発売が始まり、しばらくは画面サイズの主流は8インチ型と10インチ型でしたが、8インチ型が減っていきました。各メーカーのラインナップを見ると、8インチ型のタブレットPCはあまり見られません。(2017年8月1日時点)

8インチ型のタブレットPCを選びたい人もいるでしょうが、多く売れるならメーカーはラインナップに入れるはずですので、8インチ型のタブレットPCはあまり売れないと思われます。

ここでは、8インチ型のタブレットPCが売れない理由を探りますが、Windows のタブレットPCのみに注目します。

ラインナップに増える 2in1PC

各メーカーのラインナップを見ると、8インチ型のタブレットPCがあまり見られなくなっただけでなく、10インチ型のタブレットPCにキーボードを付けた 2in1PC が多くなったという変化も見られます。

各メーカーのラインナップを見ると、キーボードがない10インチ型のタブレットPCはあまり見られず、2in1PC が多いです。また、2in1PC の画面サイズは、10インチ型より少し大きい11〜12インチ型が多いです。(2017年8月1日時点)

2in1PC とは、ノートパソコンとしてもタブレットPCとしても使えるパソコンです。2in1PC を、タブレットPCとは別物のパソコンとして見るなら、タブレットPC自体があまり見られなくなったと言えます。

ここでは、2in1PC をタブレットPCと見なしますが、2in1PC の増加も8インチ型タブレットPCが売れないことに関係していると考えられます。

Windows はタッチ操作のみでは使いにくい

メーカーが需要を無視して付加価値を高めるために、2in1PC が増えた可能性もありますが、タブレットPCをキーボードで使いたいユーザーが多く需要があるので、2in1PC が増えたと思われます。

Windows は、タッチ操作しやすいように進歩し、Windows 上で動作するアプリケーションには、タッチ操作しやすいアプリケーションが増えていますが、まだまだ Windows 搭載パソコンは、タッチ操作では使いにくい場面が多いです。

8インチ型のタブレットPCでも、キーボードを付けて 2in1PC として販売するのは不可能ではなく、実際に販売されたことがありますが、あまり見られないので、ただキーボード操作できるようにするだけでは売れないようです。

キーボード操作するなら大きい方が良い

8インチ型のタブレットPCは、10インチ型のタブレットPCよりもコンパクトですが、画面サイズが小さく、キーボード面積が狭いです。これが、キーボードを付けて 2in1PC にしても8インチ型のタブレットPCは売れない理由になっていると考えられます。

タッチ操作ではなく、キーボード操作を前提に作られているアプリケーションを使うなら、8インチ型では画面が小さすぎてキーボード操作しにくいです。

キーボード操作前提のデスクトップパソコンやノートパソコンを使う時、液晶ディスプレイの画面サイズが8インチだと、誰しもがキーボード操作しにくいと感じるはずです。

キーボードは、キーピッチ(キーとキーの間隔の距離)が広い方が打ちやすいですが、キーボード面積が狭いとキーピッチも狭くなりますので打ちにくいです。

8インチ型と10インチ型の差は2インチであり、数字上の差は小さいですが、使い比べてみると結構大きな差を感じるものです。10インチ型より少し大きい11〜12インチ型が増えたのは、10インチ型ですらサイズが小さいと感じるユーザーが多いからと思われます。

もしそうなら、キーボードを付けて 2in1 PC にしても、8インチ型のタブレットPCがあまり売れないのも無理はありません。

Windows がタッチ操作しやすくなれば売れる可能性あり

8インチ型タブレットPCが売れるようになるには、Windows がタッチ操作しやすいと誰しもが言えるくらい進歩する必要があると思います。

Windows の最新製品は Windows 10 ですが、Windows 10 は Android や iOS の牙城を崩せるほど、タッチ操作しやすいよう進歩したとは思えません。

キーボード付きで 2in1 PC となっている10〜12インチ型のタブレットPCが増えたのを見ると、タブレットPCと言うよりは小型のモバイルノートパソコンに需要があり、キーボードが付かず 2in1PC ではないタブレットPCの需要が無きに等しい、すなわち Windows をタッチ操作のみで使いたい人は非常に少ないように見えます。

仮に これ以上ないくらい Windows がタッチ操作しやすくなっても、Android や iOS の牙城を崩すのは難しいでしょうが、メーカーがラインナップに8インチ型タブレットPCを加えたくなるほど売れる可能性があります。

おすすめタブレット PC 販売ショップ

タブレット PC 販売ショップは数多く存在します。販売ショップを国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに分けると、海外メーカーにはコストパフォーマンスが高く価格が安くても優れたタブレット PC がそろっているのでおすすめです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのタブレット PC は、ビジネス用途向けとして設計、開発してきた事もあり、完成度が高いです。
(2015年2月20日時点)
Lenovo
レノボは、目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになったパソコンメーカーです。今では最も勢いのある海外メーカーであり、タブレット PC でも積極的に新製品を開発しており、ラインナップが豊富です。
(2015年2月20日時点)
ASUS
PC パーツだけでなくパソコンでも世界的に多くのシェアを獲得し続けている海外メーカーです。Windows タブレット PC より Android タブレット端末に力を入れているためラインナップは少ないですが、良いモデルを安く提供しており人気が高いです。
(2015年2月20日時点)


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の10大特典
(11月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WD1/C2 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で19%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(12月5日迄)

コラム - タブレットPC