防水・防塵 - タブレットPCの選び方

最終更新日 2016年08月03日

防水

タブレットPCは、気軽に持ち運びができ、様々な場所で使えるのが大きな特徴です。例えば、お風呂に入りながら利用したり、料理の参考となるウェブサイトを見るためにキッチンに置いたり、プールや海、川辺等で利用したりと、水周りでも使いたい方もいるかと思います。

そのような場所で安全に使えるために、タブレットPCが防水対応していると良いです。タブレットPCに限らず、精密機械に水は厳禁なので、水周りで使うなら防水対応は必須と言って良いです。

ただし、モデルによってどこまで防水対応しているのか異なります。多少の水がかかる程度までなら大丈夫なのか、水に沈めても大丈夫なのか、モデルの仕様や説明等で確認する必要があります。

防塵

タブレットPCは、外でも気軽に使えますが、環境によっては塵がひどい所もあります。タブレットPCに限らず、精密機械内部に塵が入り込むのは良くなく、最悪故障の原因になります。これを防ぐために、タブレットPCが防塵対応していると良いです。室内での使用に限るなら、防塵対応の必要性は下がりますが、細かい埃がタブレットPCに入り込むのも良くないので、防塵対応していると安心です。

防水・防塵の保護規格

防水や防塵は、どの程度まで対応しているのか、各メーカー間で比較できるよう防水・防塵の保護規格 IP(International Protection)が存在します。

IP は、IEC(国際電気標準会議)によって定められている防水・防塵の保護規格です。IP の後ろには2つの数字が続き、1つ目の数字が防塵等級、2つ目の数字が防水等級を表しています。各等級の数字が大きいほど保護の度合いが高くなります。

例えば、IP57 の場合は、防塵等級が5、防水等級が7である事を表しています。

防塵等級のみ、もしくは防水等級のみを表す場合は、表さない方にXを付けます。例えば、IPX7 の場合は、防塵等級は無し(防塵テスト未実施)で、防水等級が7である事を表しています。

防塵等級

防塵等級の要約と定義を記載すると、以下のようになります。

防塵等級

防塵等級 要約 定義
0 無保護 -
1 直径50mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径50mmの球状の、固形物プローブの全体が侵入してはならない。
2 直径12.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径12.5mmの球状の、固形物プローブの全体が侵入してはならない。
3 直径2.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径2.5mmの固形物プローブが全く侵入してはならない。
4 直径1.0mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径1.0mmの固形物プローブが全く侵入してはならない。
5 防じん形 じんあいの侵入を完全に防止することはできないが、電気機器の所定の動作及び安全性を阻害する量のじんあいの侵入があってはならない。
6 耐じん形 じんあいの侵入があってはならない。


防塵対応のタブレットPCを選ぶなら、IP5XかIP6Xである事を確認する必要があります。

防水等級

防水等級の要約と定義を記載すると、以下のようになります。

防水等級

防水等級 要約 定義
0 無保護 -
1 鉛直に落下する水滴に対して保護する。 鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
2 15度以内で傾斜しても鉛直に落下する水滴に対して保護する。 外郭が鉛直に対して両側に15度以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
3 散水に対して保護する。 鉛直から両側に60度までの角度で噴霧した水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
4 水の飛まつに対して保護する。 あらゆる方向からの水の飛まつによっても有害な影響を及ぼしてはならない。
5 噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
6 暴噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。
7 水に浸しても影響がないように保護する。 規定の圧力及び時間で外郭を一時的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない。
8 潜水状態での使用に対して保護する。 関係者間で取り決めた数字7より厳しい条件下で外郭を継続的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならい。

防水等級は1つか2つ

防水等級は、外部から水がかかってしまう場合の防水対応、水没の場合の防水対応で分けて表示されます。前者の場合の防水等級は0〜6、後者の防止等級は7〜8で表されます。

例えば、IPX5、IPX7 であれば、外部から水がかかってしまう場合の防水等級は5、水没の場合の防水等級は7となります。IPX5 のみであれば、外部から水がかかってしまう場合の防水等級は5、水没の場合は防水対応していない事になります。

また、IPX7、または IPX8 のみの場合ですが、水没の場合に防水対応していれば外部から水がかかってしまう場合でも防水対応しており、IPX5 は満たしている可能性が高いです。もし、外部から水がかかってしまう場合の防水等級も確かめたい場合は、メーカーに問い合わせてみると良いです。

水没させる事があるなら

防水対応のタブレット PC を選ぶ場合、どの程度まで防水されている必要があるか決めておく必要があります。お風呂やプールで使用するなら、誤って水没させてしまうリスクを考え、IPX7 以上の防水等級となっているタブレット PC を選ぶ必要があります。IPX8 だと、ダイビングといった水中での使用にも耐えられますが、そこまでの条件で使用する事が無ければ、IPX7 で十分です。

水がかかる事があるなら

水没に耐えられる防水性能を求めないのであれば、IPX7 以上でなくても問題ありません。水がかかってしまうような環境での使用までなら、IPX5 以上の防水等級となっているタブレット PC を選びたいです。IPX4 以下でも、雨がかかったり、水しぶきがかかる程度は耐えられますが、防水対応のタブレットPCを選ぶなら IPX5 以上が望ましいです。

防水・防塵対応のタブレット PC を販売しているショップ

タブレット PC に防水・防塵対応は、あまり求められないせいか、防水・防塵対応したタブレット PC を販売しているショップは少ないです。法人向けだと、工事現場等の水や塵、埃が多い環境での使用を前提としたタブレット PC が見られますが、個人向けだと非常に少ないです。

以下は、個人向けに防水・防塵対応のタブレット PC を販売しているショップです。
富士通直販 WEB MART
富士通は、品質を追求したモデルを開発して販売し、信頼性の高さが評価され個人向けでも法人向けでも高い国内シェアを獲得しているパソコンメーカーです。防止・防塵対応した ARROWS Tab QH シリーズを販売しており、機能や性能、使い勝手が高いレベルでまとまったタブレット PC となっています。
(2014年8月19日時点)


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)

タブレットPCの選び方



コラム - タブレットPC