おすすめしないパソコンの3大タイプ

最終更新日 2017年08月02日

スティック型デスクトップパソコンをおすすめしない理由

スティック型は性能が低い

デスクトップパソコンのスティック型は、USB メモリーを一回り大きくしたような形状をしており、サイズが小さくて軽いです。同じスティック型でも高性能モデルだと価格が高めですが、価格が安いモデルだと予算が1万円くらいあれば買えます。

スティック型には他にもメリットがありますが、メリットの裏返しとなるデメリットもあります。スティック型のデメリットが、スティック型をおすすめしない理由となりますが、スティック型は性能が低い、これに尽きます。

パソコンの性能は CPU だけでは決まりませんが、CPU の性能がパソコンの性能を大きく左右します。スティック型は、内部スペースが非常に狭いので冷却性能が低く、発熱量が小さい CPU しか搭載できません。CPU は、発熱量を抑えると性能も抑えることになりますので、スティック型に搭載される CPU の性能は低いです。

発熱量が小さい CPU でも、発熱量の大きさ、性能の高さはピンキリですが、スティック型には最小レベルの発熱量の CPU が搭載されますので、CPU の性能が最低レベルです。

CPU は技術進歩によって性能が向上し続けていますので、スティック型に搭載されるような低性能 CPU でも、昔の高性能 CPU よりも性能が高く、使い物にならないほど性能が低くありません。

しかし、最近の高性能 CPU と比べたら性能の差が大きく、あまりパソコンに負荷がかからないネットサーフィンでも動作の遅さにストレスを感じるほどです。

スティック型に高性能モデルがありますが、スティック型の中では性能が高い方であり、価格が安いモデルよりは性能が高いですが、あまりパソコンに負荷がかからない作業でも動作の遅さにストレスを感じるほど性能が低いです。

また、スティック型の高性能モデルは価格が高く、その割には性能が低いのでコストパフォーマンスが悪いです。どうしてもスティック型でなければならない理由がなければ、スティック型以外のタイプのパソコンを買うのがおすすめです。

将来は、さらに CPU の性能向上が進み、あまりパソコンに負荷がかからない作業であればスティック型でも動作の遅さにストレスを感じないようになると思われますが、実現するのはまだ先になると思われます。(2017年8月1日時点)

一体型デスクトップパソコンをおすすめしない理由

一体型はパソコン本体と液晶ディスプレイどちらかを買い替えることができない

デスクトップパソコンの一体型は、パソコン本体と液晶ディスプレイが一体となっています。ただの液晶ディスプレイと比べると、サイズが大きいですが、あまり変わらないため、必要な設置スペースは、ただの液晶ディスプレイと同じくらいですので、設置スペースを抑えられます。

パソコンと液晶ディスプレイが分離していると、両者を接続するケーブル、それぞれに電源ケーブルが必要となりますが、一体型なら両者を接続するケーブルは不要であり、電源ケーブルは1本で済みます。

パソコン本体と液晶ディスプレイが一体となることで、このようなメリットが生じますが、デメリットも生じます。パソコン本体と液晶ディスプレイが分離していれば、どちらか片方を買い替えることができますが、一体型ではできません。

例えば、CPU 等の各 PC パーツが古くなったので、新しい PC パーツが搭載されたパソコンに買い替えたい場合、一体型だと液晶ディスプレイごと買い替えとなります。まだまだ液晶ディスプレイが使えるなら、もったいないです。

一体型に映像入力端子があり、ただの液晶ディスプレイとしも使えるなら、まだ活用できますが、そこまでするなら、はじめから一体型ではなくパソコン本体と液晶ディスプレイを別々にそろえる方が良いです。

液晶ディスプレイに関しても同様です。例えば、一体型の液晶ディスプレイが故障して映らなくなってしまい、保証期間が過ぎており修理費が高いなら買い替える方が経済的ですが、一体型だと CPU 等の各 PC パーツがあるパソコン本体部分ごと買い替えとなってしまいます。

一体型に映像出力端子があれば、外付け液晶ディスプレイに接続して使い続けられますが、一体型の液晶ディスプレイが何らかの事情で使えない、または使わないことになってもパソコン本体部分を使い続けるつもりなら、はじめから一体型ではなくパソコン本体と液晶ディスプレイを別々にそろえる方が良いです。

これらのデメリットをメリットが上回るなら一体型を選ぶ価値がありますが、そもそも一体型のメリットは大きいのか疑問です。一体型は設置スペースを抑えられますが、デスクトップパソコンのコンパクト型なら、パソコン本体のサイズが手のひらサイズであり、設置スペースを十分抑えられます。

また、できるだけ設置スペースを抑えたければ、一体型に見られるような大画面サイズの液晶ディスプレイはありませんが、ノートパソコンを選ぶ方が良いです。

一体型だとケーブルが少なくなるというメリットがありますが、パソコンと液晶ディスプレイが分離していて両者を接続するケーブルがあり、それぞれに電源ケーブルがあっても特に問題はなく、大したメリットにはなりません。

コンパクト型デスクトップパソコンをおすすめしない理由

コンパクト型はコストパフォーマンスが低い

デスクトップパソコンのコンパクト型は、簡単に手のひらに乗るほどサイズが小さくて軽いです。パソコンの設置スペースを抑えたい人におすすめですが、サイズが小さい故のデメリットがあります。

コンパクト型のデメリットは複数ありますが、中でも大きいのがコストパフォーマンスの低さです。CPU は、パソコンの性能を大きく左右しますが、コンパクト型には、主にモバイルノートパソコンへの搭載に適している発熱量が小さい CPU が搭載されます。その理由は、コンパクト型の内部スペースが狭くて冷却性能が低く、発熱量が大きい CPU の搭載は難しいからです。

発熱量が小さい CPU は、発熱量を抑えるため性能が低くなっており、コストパフォーマンスが低いです。発熱量が小さい CPU は、不当に価格が高いわけではなく、高性能 CPU にはかないませんが発熱量を抑えながら高い性能を実現しており、発熱量の小ささに大きな価値があるので、性能だけで見ればコストパフォーマンスが低いことになります。

発熱量が小さい CPU が搭載されているパソコンがモバイルノートパソコンであれば、持ち運びできるほどのサイズでありながら、ある程度の性能を持たせることができるのは発熱量が小さい CPU のおかげですので、コストパフォーマンスが低くても納得できます。

発熱量が小さいということは、消費電力が低いということでもありますので、モバイルノートパソコンのバッテリー動作時間を延ばすことにつながります。

発熱量が小さい CPU が搭載されているコンパクト型では、発熱量が小さい CPU のおかげで、簡単に手のひらに乗るほどサイズが小さいにも関わらず、ある程度の性能を持たせることができます。

しかし、コンパクト型はデスクトップパソコンですので、基本的には設置場所に固定して使うものであり、設置スペースを抑えられるメリットはありますが、持ち運びしやすいというメリットはなく、コストパフォーマンスが低い発熱量が小さい CPU に対してコストを支払ってまで、コンパクト型を買う価値があるのかどうか微妙です。発熱量が小さい CPU は、消費電力が低いので電気代の節約になりますが、大した節約効果はありません。

コンパクト型と比べたら、かなりサイズが大きくなりますが、省スペース型を選ぶ方がコストパフォーマンスが高いのでお得です。例えば、コンパクト型に約5万円の予算をかけて買うよりも、同じくらいの予算で買える省スペース型を買う方が、高い性能を持つパソコンを入手できます。

スティック型と一体型は使い続けている

スティック型は動画配信サービスの利用で使う

スティック型、一体型、コンパクト型について、おすすめしない理由を記載しましたが、おすすめしないとしながらも、スティック型と一体型は使い続けています。(2017年8月1日時点)

スティック型は、液晶テレビに接続して、Amazon ビデオ等の動画配信サービスの利用に使っています。液晶テレビ周辺にはスペースが空いていますので、スティック型ではなくても良いのですが、スティック型は消費電力が低いので常時起動しっぱなしでも電気代が気になりません。

昔と比べてパソコンはスリープからの復帰が早くなりましたが、常時起動しておき、使いたい時にすぐ使い始められるのは便利です。また、スティック型は価格が安いので、常時起動により寿命が短くなるとしても、使い捨て感覚で使えます。

一体型はテレビ番組の視聴や録画で使う

一体型は、テレビパソコンを買うために選んでいます。昔は、テレビパソコンにはデスクトップパソコンのタワー型、省スペース型、ノートパソコンも見られましたが、今では一体型くらいです。

テレビパソコンではないパソコンを選び、テレビ機能を持つ PC パーツや周辺機器を使ってテレビパソコンにする方法もありますが、パソコンと PC パーツ、または周辺機器との相性が悪く、正常に録画できない等のトラブルに悩まされる可能性があります。既に完成されているテレビパソコンなら、そのようなトラブルに悩まされることはなく安心して使えます。

また、テレビパソコンのメーカーは NEC や富士通が有名ですが、テレビパソコンとしての完成度が高く、テレビ機能が豊富で使いやすいです。

テレビパソコンにタワー型や省スペース型があれば選びたいところですが、完成度の高さを考慮すれば一体型を選ぶことにあまり抵抗を感じません。

コンパクト型はコストパフォーマンスの低さがネック

コンパクト型は、使い続けていません。パソコンを同時に複数台起動させて使うことがありますので、コンパクト型であれば設置スペースを抑えられて良いのですが、コストパフォーマンスの低さを考慮すると省スペース型やタワー型を選ぶ方が経済的なため、コンパクト型は採用していません。

省スペース型やタワー型では設置スペースを確保できないほどになれば、コンパクト型を導入するかもしれませんが、今のところ設置スペースが大きくなってでもコストパフォーマンスが高い省スペース型やタワー型を選ぶ方が良いと判断しています。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)