バッテリー - ウルトラブック(Ultrabook)の選び方

最終更新日 2015年02月26日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

バッテリーの選び方

バッテリー駆動時間が長いウルトラブックが多い

ウルトラブックは、薄型軽量で持ち運びがしやすいですが、バッテリー駆動時間が短ければ電源コンセントに接続して充電を頻繁に行う必要があり、持ち運びしやすくても不便です。

そのため、たいていのウルトラブックは、バッテリー駆動時間が長いです。しかし、モデルによってはバッテリー駆動時間が短いです。バッテリー駆動時間を長くするためにはコストがかかりますので、特に価格が安いウルトラブックにバッテリー駆動時間が短いモデルが多いです。

バッテリーの寿命を考えて選ぶ

自分にとって必要なバッテリー駆動時間があるウルトラブックを選ぶ事になりますが、バッテリーは充電を繰り返すごとに消耗し、徐々にバッテリー駆動時間が短くなっていきます。

そのため、必要なバッテリー駆動時間よりも余裕を持たせてウルトラブックを選ぶ方が良いです。バッテリーの充電頻度等によりますが、必要なバッテリー駆動時間の1.5倍程度のバッテリー駆動時間を持つウルトラブックを選びたいです。

また、バッテリー交換が可能で、予備のバッテリーも購入できるウルトラブックを選ぶ手もありますが、バッテリー交換可能なウルトラブックは少ないので、選択肢がかなり限られます。

仕様上のバッテリー駆動時間と実用上のバッテリー駆動時間

ウルトラブックの仕様には、バッテリー駆動時間が記載されていますが、実用上のバッテリー駆動時間とは差異が生じる事に注意が必要です。

なぜなら、仕様上のバッテリー駆動時間は、公平に比較できるよう決められた測定方法によって測定されており、その測定方法とユーザーが実際にウルトラブックを使った場合における単位時間あたりのバッテリー消費量が異なるからです。

つまり、車の燃費のようなものであり、仕様上のバッテリー駆動時間を参考にして、実用上のバッテリー駆動時間を見積もる必要があります。

バッテリー駆動時間の選び方

主なバッテリー駆動時間測定方法

バッテリー駆動時間を確認して選ぶには、どの測定方法によるバッテリー駆動時間なのか確認し、実用上のバッテリー駆動時間を見積もる必要があります。

以下は、ウルトラブックのバッテリー駆動時間の測定に使われる主な測定方法です。
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 1.0)
一般社団法人の電子情報技術産業協会(JEITA)が2001年に策定した測定方法です。ほとんどの日本国内メーカーやパソコンショップで採用されています。この測定方法の場合は、実用上のバッテリー駆動時間は仕様上の半分程度に見積もっておくと良いです。
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0)
一般社団法人の電子情報技術産業協会(JEITA)が2014年に策定した測定方法です。Ver. 1.0 に見られた実用上のバッテリー駆動時間と大きく離れてしまう点を改善するよう測定方法が見直されています。2014年4月以降に販売されるモデルに、この測定方法によるバッテリー駆動時間が仕様に掲載されます。

この測定方法の場合は、実用上のバッテリー駆動時間は仕様上の6割〜7割程度に見積もっておくと良いです。
MobileMark
MobileMark は、非営利業界団体 BAPCo が開発したベンチマークソフトウェアです。MobileMark はバッテリー駆動時間を測定する事ができ、海外メーカーでよく採用されています。この測定方法の場合は、実用上のバッテリー駆動時間は仕様上の6割〜7割程度に見積もっておくと良いです。
日本国内メーカーやパソコンショップでは、JEITA バッテリ動作時間測定法が使われます。海外メーカーでも、JEITA バッテリ動作時間測定法が使われる場合がありますが、MobileMark が使用されている場合が多いです。

バッテリー駆動時間測定方法が非公開の場合

ウルトラブックの仕様にバッテリー駆動時間測定方法が記載されておらず、バッテリー駆動時間のみ記載されている場合は、実用上のバッテリー駆動時間は、仕様上のバッテリー駆動時間の半分と見積もっておきます。

なぜなら、メーカーやパソコンショップ側は、できるだけ長いバッテリー駆動時間をアピールしたいと考えるでしょうから、JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 1.0)によるバッテリー駆動時間である可能性が高いからです。

バッテリー駆動時間は、使い方によって変わってくる

バッテリー駆動時間は、ウルトラブックの使い方によって変わってきます。上記にて、実用上のバッテリー駆動時間は、仕様上のバッテリー駆動時間の何割程度になるか記載しましたが、例えば動画のエンコード処理等の負荷が大きい作業をメインにして使用すれば、見積もった実用上のバッテリー駆動時間よりも短くなる可能性が高くなり、逆にネットサーフィン等の負荷が小さい作業をメインにして使用すれば、見積もった実用上のバッテリー駆動時間よりも長くなる可能性が高くなります。

そのため、想定以上にバッテリー駆動時間が短くなってしまう可能性を考えて、自分にとって必要なバッテリー駆動時間よりも、見積もった実用上のバッテリー駆動時間が長めになるようにウルトラブックを選ぶと良いです。

充電の繰り返しによってバッテリーが消耗してしまう事も考慮して、見積もった実用上のバッテリー駆動時間が、必要なバッテリー駆動時間の2倍以上になるようにウルトラブックを選びたいです。


キャンペーン情報
富士通
・18周年誕生祭
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(5月30日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/C1 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で23%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/C1 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で30%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WAA/B3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(6月12日迄)




デル株式会社