対応 API - ビデオカードの選び方

最終更新日 2016年08月28日

DirectX 対応の選び方

DirectX とは

DirectX(ダイレクトエックス)は、Microsoft 社が提供しているマルチメディアプログラムインターフェース群です。ソフトウェアが、グラフィックやオーディオ等の高度な処理を行うために使用されています。特に PC ゲームは、DirectX を使用して高度な処理を行うよう開発されている事が多いです。

DirectX は、Microsoft 社の OS に内蔵されていますが、DirectX の処理によっては、DirectX 対応のビデオカード(ビデオチップ)が無いと行えない処理もあります。ソフトウェアによっては別の処理を代用しますが、処理速度や描画の質が落ちる場合があります。また、別の処理を代用できず正常に動作しないソフトウェアもあります。特に PC ゲームでよく見られ、タイトルによっては DirectX 対応のビデオカードが無いと全くプレイできません。

使用用途によっては、DirectX 非対応のビデオカードを選んでも問題ないですが、パソコンを使うなら DirectX 対応のビデオカードがある事で恩恵を受ける機会が発生する事もあるでしょうし、いざ必須となった場合でも役立ちます。そのため、ビデオカードを選ぶなら、DirectX 対応のビデオカードを選ぶ方が良いです。

たいていのビデオカードは DirectX に対応しているため、DirectX 非対応のビデオカードを選んでしまう事は、まず無いと言えますが、DirectX に対応しているか念のために確認しておくと良いです。特に PC ゲームのプレイで使用する場合は、DirectX 対応か確認しておいた方が良いです。

DirectX のバージョン

DirectX は、今も開発が行われており、数年ごとに新しいバージョンが提供されています。比較的新しいビデオカードなら、新しいバージョンの DirectX に対応しています。

特に、DirectX 対応のビデオカードを必須とするソフトウェアを使用する場合は、そのソフトウェアが必要とする DirectX のバージョンを確認し、ビデオカードがそれを満たしているか確認しておくと良いです。

例えば、DirectX 10(バージョン10)以上に対応しているビデオカードが必要なソフトウェアの場合、DirectX 10 以上に対応しているビデオカードが必要です。DirectX は後方互換性があるため、DirectX 10 対応が必要でも、それより新しいバージョンの DirectX、例えば DirectX 11 に対応していれば問題ありません。

OpenGL 対応の選び方

OpenGL とは

OpenGL(オープンジーエル)は、高度なグラフィックス処理を行うために使用されるプログラムインターフェース群です。DirectX と同じような目的で使われますが、OpenGL は 3D グラフィックス処理に特化しており、主に業務用のソフトウェアで使われています。また、OpenGL は、Windows だけでなく、Unix や Linux、Mac OS 等、様々な OS で使用できます。

一方 DirectX は、主に PC ゲームソフトウェアで使われており、使用できる OS は Windows やゲーム機のプラットフォームに限られます。(他の OS で DirectX を絶対に使えない訳ではありません。)

DirectX と同様にビデオカード(ビデオチップ)には、OpenGL に対応している製品と非対応の製品があります。ソフトウェアによっては、OpenGL 対応のビデオカードが必須となります。必須とまではいかなくても、OpenGL を積極的に使用して高度な処理を実現しているソフトウェアの場合、OpenGL 対応のビデオカードが無いとビデオチップが得意とする処理を CPU が担う事になり、かなり処理速度が落ちてしまう場合があります。

OpenGL に関しても、たいていのビデオカードが対応しているため、OpenGL 非対応のビデオカードを選んでしまう事は、まず無いと言えますが、念のために確認しておくと良いです。特に OpenGL を使用する動画編集や画像編集ソフトウェア等を使用する場合は、OpenGL 対応か確認しておくと良いです。

OpenGL のバージョン

OpenGL は、今も開発が行われており、数年ごとに新しいバージョンが提供されています。比較的新しいビデオカードなら、新しいバージョンの OpenGL に対応しています。

OpenGL 対応のビデオカードを必要とするソフトウェアを使用する場合は、そのソフトウェアが必要とする OpenGL のバージョンを確認し、ビデオカードがそれを満たしているか確認しておくと良いです。

また、OpenGL は後方互換性を維持しているため、ソフトウェアが必要とする OpenGL のバージョンよりも新しいバージョンの OpenGL にビデオカードが対応していれば問題ありません。

OpenGL を使用する業務用ソフトウェアを使用するなら

パソコンショップで販売されているビデオカードは、主に民生用のビデオカードです。このようなビデオカードは、DirectX を使用する PC ゲームソフトウェアの使用に適しています。

他に業務用のビデオカードもあり、このようなビデオカードは、OpenGL を使用する動画編集や画像編集等の業務用ソフトウェアの使用に適しています。業務用のビデオカードは、nVIDIA 社のビデオチップ Quadro を搭載する製品や、AMD 社のビデオチップ FirePro を搭載する製品が有名で、OpenGL に最適化されており、OpenGL を使用するソフトウェアで強力なパフォーマンスを発揮します。

一方、民生用のビデオカードは、nVIDIA 社のビデオチップ GeForce を搭載する製品や、AMD 社のビデオチップ RADEON を搭載する製品が有名であり、こちらは DirectX に最適化されています。

そのため、OpenGL を使用する業務用ソフトウェアを使用するなら、業務用のビデオカードの選択を検討してみると良いです。業務用のビデオカードは、OpenGL に最適化されているだけでなく、業務用によく使われてる動画編集や画像編集ソフトウェアの互換性を確保しており、マルチディスプレイ環境の強力なサポート、RGB 各色10ビットのディープカラーに対応している等、他にも様々なメリットがあります。

ただし、PC ゲームソフトウェアも使用するなら、民生用のビデオカードを選ぶ方が良いです。PC ゲームソフトウェアは、民生用のビデオカードに合わせて作られており、業務用のビデオカードだと問題が生じて正常にプレイできない場合が少なくありません。

逆に OpenGL を使用する動画編集や画像編集等の業務用ソフトウェアは、業務用のビデオカードに合わせて作られていても、民生用のビデオカードで使用して問題が起きる事は少ないです。

PC ゲームソフトウェアも使用するけど、OpenGL に最適化された業務用ビデオカードで動画編集や画像編集等の業務用ソフトウェアを使用したい場合は、コストがかかりますが、それぞれ専用のパソコンを用意して両方のビデオカードを選ぶのが無難です。理由として、両立が難しい事がありますが、業務用ソフトウェアを使うなら、不具合の発生のリスクや、不具合の特定を難しくしないために、同じパソコンで業務用ソフトウェアとは関係ないソフトウェアは使わない方が良いという理由もあります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・新生活応援セール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(4月27日迄)
ツクモ
・新生活応援セール
お買い得品を多数ご用意
(5月8日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
人気のBTOパソコンがプライスダウン!特価パーツ&デジタル雑貨もお買い得!
(5月9日迄)