メーカー - ビデオカードの選び方

最終更新日 2016年08月28日

ビデオチップメーカーとビデオカードメーカー

ビデオチップの製造メーカーは、nVIDIA とATI (現在は AMD 社によって買収され、ブランド名として使われている)の2社が有名であり、ビデオチップを選ぶならこのどちらかのメーカー製のものを選べば間違いありません。一方、ビデオカードの製造メーカーはさらに多く存在するため、どのビデオメーカー製のビデオカードを選ぶのか迷うかもしれません。

同じビデオチップを搭載したビデオカードでも、ビデオカードの製造メーカーが違えば、価格が異なります。できれば一番安いものを選びたいところですが、安かろう悪かろうでは、総体的な性能、故障率や寿命が気になると思います。

例えば、安い方のビデオカードでは、安物のビデオメモリーが使われていて性能が劣るかもしれません。または、安物のコンデンサーが使われていて、故障率が高く、寿命が短いかもしれません。

私の経験上では、ビデオチップが同じであれば、どのビデオメーカー製のビデオカードを選んでもほぼ同じと思っています。ビデオチップが同一で、より安いビデオメーカー製のビデオメーカーに交換しても、特に性能の違いを実感しませんでしたし、早く壊れたりしたことはありません。

ただし、個人的には、購入して使っている人が多い、有名なビデオメーカー製のビデオカードを選ぶのが無難だと思います。なぜなら、使っている人が多い分、インターネットには、そのビデオメーカー製のビデオメーカーに関する情報が多いですし、何かトラブルがあったときに解決しやすいです。また、購入して使ってみたレビュー情報も多いはずなので、購入前の参考になるでしょう。

有名なビデオメーカーとして、ASUSTeK、ELSA、Gigabyte、Leadtec、MSI 等があげられます。品質と信頼性に定評がありますので、はじめは、これらのメーカーの中から選ぶのがおすすめです。

ビデオカードの購入価格の目安

ビデオカードは、性能が上がるにつれ価格が上昇するので、選ぶときはビデオカードの価格を目安にするのも1つの手です。中には数十万円もするようなビデオカードもありますが、約2万円以上で販売されるビデオカードなら、たいていの 3D ゲームに対応でき、満足できる性能だと思います。

あまり安いものだと、オンボードよりも性能が悪く、3Dゲームもまったくプレイできない場合もありますので注意が必要です。

価格帯 性能クラス
1万円以下 この価格帯のビデオカードは、何よりも安いため、性能が低いビデオカードとなります。
1万円〜1万5千円 この価格帯では、標準的な性能を持つビデオカードが多く、商品数も多いです。購入しやすい価格のせいか、売れ筋商品に入るモデルは、たいていこの価格帯のビデオカードである事が多いです。
1万5千円〜2万円 この価格帯のビデオカードとなると、ハイスペッククラスの性能を持つビデオカードがそろってきます。PC ゲームのために選ぶなら、最低この価格帯のビデオカードを選びたいです。
2万円以上 2万円を超えてくると、最上位クラスの性能を持つビデオチップが搭載されたビデオカードが目立ってきます。ビデオカードの性能を、とことん求める方に向いています。

おすすめビデオカード販売店

ビデオカードは、ショップブランド(オリジナルパソコン)や PC パーツを販売しているパソコンショップで売られています。ショップによって、ラインナップはまちまちで、希望の商品がなかなか見つからない場合もあります。また、パソコンショップでは、比較的価格が安く設定されていますが、商品によっては結構価格に差が出ている場合があります。よって、複数のショップを回ってみて、価格を比較する事をおすすめします。ショップによっては、在庫処分セール等で、特定のビデオカードを大幅に値下げしている場合もありますので、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。以下は、PC パーツの販売に力を入れ、ビデオカードの購入におすすめなパソコンショップの一覧です。

ドスパラ
PC パーツのラインナップが多く、安さにも優れたパソコンショップです。
ツクモ
長い歴史を持つパソコンショップです。品揃えと価格の安さに優れています。


キャンペーン情報
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
ツクモ
・年に一度の本決算SALE!
お買い得品を多数ご用意
(3月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)