Windows 8 について

最終更新日 2017年01月07日

Windows 8 とは

Windows 8 (ウィンドウズ エイト)は、Microsoft 社の OS で、Windows 7 の後継にあたります。

Windows 7 からユーザーインターフェースが大幅に変わっており、タッチパネルで操作できるようになっています。(タッチパネル対応モニターが必要となります。)

タッチパネル非対応モニターで操作をするため、もしくは従来のユーザーインターフェースで操作をするために、Windows 7 のようなユーザーインターフェースにする事も可能です。

Windows 8 のエディション

Windows は、複数のエディションに分けられて販売されます。エディションによって含まれる機能や価格が異なります。

Windows 8 は、4つのエディションに分かれています。一般的なパソコンショップ等で販売されているのでは、Windows 8 と Windows 8 Pro であり、他のエディション(Windows 8 Enterprise、Windows RT)は企業向け、専用端末向けとなります。そのため、個人ユーザーは、Windows 8 か Windows Pro のどちらかを選択する事になります。

エディション 特徴
Windows 8 一般ユーザー向けのエディションであり、Windows 7 でいうと、Home Premium に値します。OS という意味で使われる名称 Windows 8 と紛らわしいため、Windows 8 無印などと呼ばれる場合があります。
Windows 8 Pro ビジネスユーザー向けのエディションであり、Windows 7 でいうと、Professional、Ultimate に値します。
Windows 8 Enterprise 企業向けのエディションであり、ボリュームライセンスで販売されます。
Windows RT タブレット端末向けのエディションであり、OS 単体として販売はされていません。タブレット端末にプリインストールされて販売されます。

個人で使うなら Windows 8 で十分

Windows 8 のエディションで、Windows 8 (無印)か Windows Pro を選ぶ場合、個人で一般的に使用する目的であれば、Windows 8 (無印)で十分です。Windows Pro は企業等で使う方向けであり、ビジネス用途に必要な機能が含まれています。このような機能には、以下のようなものがあります。

・BitLocker 技術を使用したデータの暗号化等のセキュリティ機能

・外部からの接続、操作を可能にするリモートデスクトップ機能

・ドメイン管理されたネットワークに参加可能となるドメイン参加機能

もし、上記の機能を使うのであれば、Windows 8 (無印)には無いため、Windows Pro を選ぶ必要があります。

Windows RT は別物

Windows RT は、画面上のユーザーインターフェース等は Windows 8 の他のエディションと同じですが、他のエディションとは別物と思っておいた方が良いです。例えば、Windows RT は、Windows RT 用のソフトウェアしか動きません。Windows 8 の他のエディションや旧 Windows で動いてたソフトウェアは動きません。(Windows RT 用として別途で提供されている場合は、それをインストールする事で動作可)

他にも様々な制限がありますので、Windows RT では一般的なパソコンのように使えない事に注意する必要があります。Windows RT は、タブレット端末向けですのでパソコンに搭載されて販売される事はあまりありませんが、ハイブリッド型 PC (キーボード操作もタッチパネル操作も可能な端末)では Windows RT が搭載されている場合が結構ありますので、選ぶときは Windows 8 のエディションをよく確認しておく必要があります。Windows RT には制限があるので選ぶのを避ける必要がある訳ではありませんが、自分の使用目的に合っているのか十分確認する事が重要です。

Windows 8 の入手方法

OEM 版(プリインストール版)を購入する

Windows 8 には、OEM 版(プリインストール版)があります。OEM 版は、パソコン等のハードウェアに既にインストールされた状態で販売されます。つまり、Windows 8 がプリインストールされているパソコンを購入する事で、OEM 版である Windows 8 を入手できます。

パッケージ版を購入する

パッケージ版は、単体で販売される OS です。パソコンとは別途で購入するための OS です。ただ、Windows 7 等の従来の Windows と異なり、Windows 8 にはアップグレード版しかないため、注意が必要です。アップグレード版で Windows 8 をインストールするには、パソコンに Windows XP、Windows Vista、Windows 7 のいずれかがインストールされている必要があります。もし、アップグレードではなく、新規にインストールするのであれば、DSP 版を購入する必要があります。

DSP 版を購入する

Windows の DSP 版は、Windows 8 にもありますが、提供方法が変わっています。Windows 7 の DSP 版では、CPU 等の PC パーツとセットで販売されていましたが、Windows 8 では OS 単体として販売されています。つまり、Windows 8 の DSP 版は、PC パーツとセットで購入する必要はありません。また、Windows 7 等の従来の Windows の DSP 版では、別のパソコンにインストールし直す場合、セットで購入した PC パーツも別のパソコンに移動させる必要がありましたが、Windows 8 ではその必要がありません。

Windows 8 Pro Pack

Windows 8 には、Windows 8 Pro Pack と呼ばれるパッケージ版があります。これは、Windows 8 から Windows 8 Pro へアップグレード可能な製品です。Windows 7 等の古い Windows となる OS からのアップグレードはできません。

Windows 8 Pro Pack には、Windows Media Center が含まれており、Windows Media Center は OEM 版やパッケージ版、DSP 版の Windows 8 Pro には含まれていません。Windows Media Center が含まれていない Windows 8 Pro に対し、Windows 8 Pro Pack でアップグレードすれば、エディションは変わりませんが、Windows Media Center が追加できます。

旧 Windows からのアップグレード

アップグレードでトラブルが発生するリスクあり

Windows 7 等の Windows 8 より古い Windows から Windows 8 へアップグレードする場合は、注意が必要です。Windows 8 へアップグレードすると、既にインストールされているソフトウェアやドライバが Windows 8 では動かなくなってしまう等のトラブルが生じる場合があります。

どのようなトラブルが起きるかは、実際にやってみないとわからないところですが、購入したパソコンメーカーやパソコンショップの公式サイトでは、Windows 8 へのアップグレードする場合の注意が掲載されている場合がありますので、確認するのが無難です。

また、パソコン購入後に自分で別途で導入したソフトウェアやハードウェアに関しては、これらのメーカーの公式サイトで確認する必要があります。(メーカーによっては Windows 8 へのアップグレードの際の注意点等を掲載していない場合があります。)


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜22%OFF等の8大特典
(5月31日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応フルフラットファインパネル選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で25%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月12日迄)