パソコンの選び方と買い方

Windows と Mac のコストパフォーマンスの違い

最終更新日 2013年08月24日

はじめに

Widnows 搭載パソコンと Mac OS 搭載パソコン(Mac)は、よく比較されますが、気になるのは、どちらがコストパフォーマンスが高いかでしょう。購入者の立場で考えれば、ほぼ同じ機能と性能を持つパソコン同士なら、安い方を買いたいと思うはずです。

しかし、パソコンは、CPU の性能やメインメモリ容量、ハードディスク容量など、目に見えやすいスペック値で比較するのは難しくありませんが、プリインストールされているソフトや、メーカー独自の機能を含めて比較すると、公正に比較するのが難しくなってきます。さらに、Windows 搭載パソコンと Mac OS 搭載パソコンの差異も含めて考えると、さらに比較が難しくなります。よって、ここでは、Windows 搭載パソコンと Mac OS 搭載パソコンのコストパフォーマンスの違いは、主に CPU やメインメモリ容量、ハードディスク容量などの表面的なスペックを見て判断しています。なので、一方がコストパフォーマンスが悪いとなっていても、表面的なスペックだけでは見えてこない価値がある可能性は無視できません。

Windows 搭載パソコンと比べると、Mac はスペックの割りに価格が高いのか

Windows 搭載パソコンに比べ、Mac OS 搭載パソコンのシェアは低く、まわりを見ても、Mac OS 搭載パソコンよりも Windows 搭載パソコンを使っている人が多いです。その原因は、Mac OS 搭載パソコンは、スペックの割りに価格が高い(コストパフォーマンスが低い)からではないかという意見がよく聞かれます。確かに、Windows 搭載パソコンを製造する全てのメーカーやパソコンショップと、Mac OS 搭載パソコンを製造する Apple 社を含めて考えると、Windows 搭載パソコンの方が安い印象を受けます。

しかし、ここで Windows 搭載パソコンを製造するメーカーやパソコンショップは、多数存在する事に注意しなければなりません。特にスペックの割りに価格が安い(コストパフォーマンスが高い)パソコンを販売するメーカー(デルやヒューレッド・パッカードなど)やパソコンショップ(ツクモやフェイスなど)によって、Windows 搭載パソコンは、Mac OS 搭載パソコンに比べ安いというイメージを持ちやすいです。このようなメーカーやパソコンショップを除外し、国内大手メーカー製の Windows 搭載パソコンと、Mac OS 搭載パソコンを比較すると、それほど両者に価格の差を感じないと思います。また、パソコンのタイプによっては、Mac OS 搭載パソコンの方が安いようにも見えてきます。

よって、Mac OS 搭載パソコンの方が高い印象を受けるのは、Windows 搭載パソコンのように、多数のメーカーやパソコンショップが製造していなく、Apple社の1社のみ製造し、販売している事に原因がありそうです。もし、今後 Mac OS 搭載パソコンが、複数のメーカーによって販売されれば、価格競争等によって、値下げが進むかもしれません。

Mac OS 搭載パソコンは、スペックの割りに価格が高いとは言い切れない

スペックの割りに価格が安い Windows 搭載パソコンと比較すると、どうしても Mac OS 搭載パソコンは、スペックの割りに価格が高い印象を受けがちですが、少なくとも国内大手メーカー製パソコンと比較すると、それほどスペックの割りに価格が高いとはいえません。スペックの割りに価格が高くても、その価格に見合った国内大手メーカー製パソコンの価値に満足するように、Mac OS 搭載パソコンが持つ価値に納得すれば、Mac OS 搭載パソコンの購入は高い買い物ではありません。 ブランドの価値に対して支払う料金が、Mac OS 搭載パソコンの価格に含まれているかもしれませんが、それでも自分の価値観が Mac OS 搭載パソコンと合うのであれば、購入する価値は十分にあると思います。





レビュー特集
レビュー記事一覧

デル株式会社