Windows Vistaについて

最終更新日 2017年01月07日

Windows Vistaとは

Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)とは、Microsoft社の新しいOSです。現在はWindowsXPが普及していますが、今後はこのWindows Vistaが普及していくと思われます。

Windows VistaについてはMicrosoft Windows Vista ホームに詳しく書かれています。

Windows Vistaの特徴

項目 詳細
新しい
ユーザーインターフェース
Windows Vistaでは新しいユーザーインターフェースが用意されています。半透明などの視覚効果を使ったデザインのウィンドウが特徴なWindows Aeroや、アプリケーション一覧などが表示されるスタートメニュー、ファイル一覧が表示されるエクスプローラなど機能が向上し便利になったユーザーインターフェースが使用できます。
Internet Explorer 7 インターネット閲覧ソフトInternet Explorerの新しいバージョン7を搭載しています。タブプラウザやRSSに対応していますので、より効率的にインターネットで情報収集を行うことができます。
Windows Media Player 11 Windows Vistaでは、音楽管理ソフト「Windows Media Player」のより使いやすさが向上した新しいバージョン11を搭載しています。
セキュリティ ウイルス対策など、様々なセキュリティ対策機能が向上し、よりパソコンを安全に使う事ができます。

Windows Vistaでは、バージョンによってWindows Aeroを搭載していないなど、使用するバージョンによって使えない機能があります。

Windows Vistaのバージョン

Windows VistaにもWindowsXPと同様に幾つかバージョンがあります。大きく分けて5バージョンあります。購入するときは使用用途に応じて自分に合ったバージョンを選びたいです。

バージョン 特徴
Windows Vista
Home Basic
一般ユーザー向けのバージョンです。WindowsXPでいうとHome Editionに値します。Home Premiumと比較すると高度な機能がありませんが、セキュリティの向上に対応し、基本的な機能はそろっています。
Windows Vista
Home Premium
一般ユーザー向けのバージョンです。Home Basicと比べ高度な機能がそろっています。Windows Aeroが使え、Windows Media Centerの機能が全て使えるなどエンターテイメント機能が充実しているバージョンです。
Windows Vista
Business
ビジネスユーザー向けのバージョンです。WindowsXPでいうとProfessionalに値します。あらゆる企業などに向いています。
Windows Vista
Enterprise
ビジネスユーザー向けのバージョンです。大規模でグローバルな企業などに向いています。
Windows Vista
Ultimate
一般ユーザー、ビジネスユーザーどちらにも使えるように設計されたバージョンです。Home Premiumにある高度なエンターテイメント機能やBusinessにあるビジネス向き機能が使用できます。

新しいパソコンを購入するとき

新しいパソコンを購入するときに初期搭載のOSの選択の際に迷うかもしれません。大手メーカーではWindows Vistaが初期搭載されているパソコンの販売がメインですが、オリジナルパソコン販売ショップなどではまだWindows XP搭載のパソコンも販売されています。

少なくともWindows Vista搭載のパソコンを購入する際は、なるべくスペックの高いものを選びたいです。特にCPUとメモリーなどの基本性能を重視したいです。その理由はWindows Vistaは、WindowsXPに比べパソコンに要求するスペックが高いからです。また、Vistaのバージョンの選択にも気をつけたいです。Home Basicではスペックがあまり高くないパソコンにも対応できるようになっていますが、Home Premiumなどの上位バージョンと比べると、便利な機能などが使えないです。ですから予算が多く必要ですが、Vista搭載のパソコンを購入する際は、Home Premium以上のバージョンを搭載した製品を選びたいです。

よってWindows Vista搭載のパソコンを購入する際は、スペックがそれほど高くない低価格モデルよりはある程度スペックが高いパソコンを買ったほうがいいでしょう。なので予算がたまるまで今まで使っているパソコンを使い続け、後にパソコン本体も買うというスタイルがおすすめです。Windows Vistaが発売された後でも、多くの方はWindowsXPのまま数年は使い続けても不便はそれほどないと思います。今後発売される多くのソフトはWindows XPにも対応しているでしょうし、Windows Vistaでないと使えない周辺機器やソフトがすぐに多く販売されることはないと思います。またWindows Vistaに欠陥が無いとは限りません。WindowsXPのように欠陥が見つかり修正されていくという流れがあると思います。それを考えるとWindowsXPのまま使い続ける方が安心で気楽でもあるというメリットもあります。