FRC(Frame Rate Control)は目の疲れや頭痛の原因になる?

最終更新日 2019年10月23日

FRC(Frame Rate Control)は目の疲れや頭痛の原因になるのか

液晶ディスプレイ - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2019年6月17日)
フレームレート階調法 (Frame Rate Control, FRC) では、同一画素(サブ画素)を2-3フレームを1組として明るさをフレームごとに制御することで、人の感覚では中間の明るさとして感じることを利用している[8]。例えば50%と60%の明るさの2つのフレームを連続的に見れば残像効果により55%程の明るさに見える。ただし、フレームごとで明るさを変ると人の目で見て画素の明度変化が分かるフリッカの原因にもなるため、フレーム周期を毎秒180回に高めるなどの工夫が求められる。この方式は安い液晶で採用されていて、人によっては目の疲れや頭痛の原因になる。
照明の蛍光灯は寿命に近づくと点滅することがありますが、その点滅により目が疲れたり頭痛になる人がいると思います。

蛍光灯は寿命に近づいておらず正常に動作していても、人の目ではわからないほど高速に点滅していますが、それでも点滅が気になり目が疲れたり頭痛になる人がいると思います。

液晶ディスプレイにFRC(Frame Rate Control)が採用されていると、蛍光灯の場合と同じように人によっては点滅が気になり目の疲れや頭痛の原因になるようです。


キャンペーン情報
富士通
・夏の大売り出しセール
クーポン利用で17〜23%OFF等の11大特典
(8月12日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(8月26日迄)