写真のExifのGPS情報(位置情報)とは?写真公開時に注意が必要な理由

最終更新日 2018年10月19日

Exif の GPS 情報(位置情報)とは何か

デジタルカメラやスマートフォンのカメラで撮影した写真には、Exif(エグジフ)という情報が埋め込まれています。 Exif とは Exchangeable image file format の略であり、撮影日時、カメラの製造元やカメラのモデル、カメラ撮影時の設定内容等、様々な情報がありますが、GPS 情報(位置情報)もあります。

GPS 機能付きデジタルカメラやスマートフォンのカメラなら、撮影した写真に GPS 情報が記録されます。後に記載しますが、設定で記録するのかどうか選べます。

GPS(Global Positioning System)とは、人工衛星から地上の位置を正確に測定するシステムです。GPS 情報を活用する機器と言えばカーナビが有名ですが、スマートフォン等のモバイル機器でも GPS 情報を活用できます。

例えば、スマートフォンの地図アプリには目的地まで誘導してくれる機能がありますが、GPS 情報を活用することで実現できる機能です。

Exif の GPS 情報は、写真撮影時の位置を記録したものです。後で撮影場所を知りたい場合等に役立ちます。

・Exif の GPS 情報とは写真撮影時の位置を記録したもの

なぜ GPS 情報(位置情報)付きの写真を公開する時に注意が必要なのか

ウェブサイトに写真を掲載する等して不特定多数の人が閲覧できる状態にするなら GPS 情報に注意が必要です。

不特定多数の人に撮影場所を知られても良いなら気にする必要はありませんが、知られたくないなら GPS 情報を消してから公開しなければなりません。

例えば自宅で撮影した写真を GPS 情報が残ったまま公開すると、自宅の場所を公開している状態となります。たいていの人は GPS 情報を見ないでしょうが、中には GPS 情報を見て悪用する人もいます。

そのため、写真を公開する前に Exif から GPS 情報を消しておくと良いです。画像投稿サービスを提供しているウェブサイトには、自動的に GPS 情報を消してくれるところが多いですが、そういうところで公開するなら公開前にGPS 情報を消さなくても大丈夫です。

撮影した写真に GPS 情報を残しておく必要性がなければ、デジタルカメラやスマートフォンのカメラでは GPS 情報を記録するのか記録しないのか設定できますので、オフにしておけば安全性が高まります。

GPS 情報を消してから公開する必要があるのに、うっかり消し忘れて公開してしまうリスクをなくせます。

・GPS 情報から写真の撮影場所を知られてしまう


キャンペーン情報
富士通
・期末売り尽くしセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(3月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)