写真・動画はどこに保存しておけば良いのか

最終更新日 2018年04月09日

写真・動画のおすすめ保存場所とは

デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、スマートフォン等で撮影した写真・動画を保存しておく場所は様々であり、最適な保存場所は人によって違います。

誰しもが写真・動画を失いたくないでしょうから、複数の場所に保存しておくことを強く推奨します。写真・動画の保存場所に HDD や SSD がよく使われますが、どちらも故障する可能性があり故障したら写真・動画を失います。

メモリーカード、DVD や BD 等の光ディスクメディアは HDD や SSD よりも大丈夫そうに見えます。しかし、メモリーカードは放置して長期保存しておくと写真・動画が消失してしまうことがあります。消失するまで何年が目安なのかは、製品や保管環境等によって違ってきますので一概には示せませんが、早いと数年で消失してしまうことがあります。

光ディスクメディアでも、劣化により写真・動画が消失してしまうことがあります。光ディスクメディアも製品や保管環境等によってデータ消失までの目安が違ってきますが、こちらも早いと数年で消失してしまうことがあります。

どこに保存しても1つの場所だけでは写真・動画を失う可能性がありますので、少なくとも2つの場所に保存しておくと良いです。

どれも一長一短がありますが、保存場所の1つに HDD を選ぶのがおすすめです。HDD は容量あたりの価格が安く、低コストで大容量の保存場所を入手できます。パソコンに内蔵されている HDD に写真・動画を保存し、外付け HDD を用意してバックアップしておけば2つの場所に保存することになり、これだけでデータを失う可能性はかなり低くなります。

HDD に加えて保存しておく場所に選びたいのは、クラウドストレージです。クラウドストレージなら、バックアップ体制が整っていますので故障によりデータを失う可能性は非常に低いです。パソコンに内蔵されている HDD、外付け HDD、クラウドストレージに写真・動画を保存しておけば、データを失う可能性はゼロと言ってもいいくらいです。(もちろんゼロではない)

写真・動画を見やすいように保存しておくことも重要ですが、クラウドストレージはインターネットに接続すれば利用できますので、複数のパソコンやスマートフォン等から同時に利用でき見やすくなります。

ただし、写真・動画が漏洩しないようセキュリティには気をつけなければなりません。クラウドストレージを利用するには料金がかかりますが、今では無料で利用できるクラウドストレージでも十分なサービスが登場しています。料金がかかるサービスでも昔と違って今では低価格化が進み、数千円程度で利用できるサービスもあります。

・写真・動画を失わないように複数の場所に保存しておく
・写真・動画を見やすいようにクラウドストレージに保存しておおく
・パソコンの HDD、外付け HDD、クラウドストレージに写真・動画を保存しておくのがおすすめ

写真・動画をクラウドストレージに保存するなら、どのサービスが良いのか

クラウドストレージには様々なものがありますが、特におすすめなのが Google フォトです。Google フォトは、無料で利用できます。無料なら制限がありそうですが、確かに制限はいろいろあります。しかし、制限が気にならないくらい素晴らしいサービスを提供しており、圧縮ありなら容量無制限です。圧縮とは要はサイズを小さくするため画質が落ちるということですが、たいていの人は気にならないと思えるほど画質はそれほど落ちません

Google と言えば検索エンジンで有名ですが、Google フォトは検索機能にも優れています。画像認識により自動的に写真を解析し、ユーザーが撮影場所や撮影対象物等をキーワードにして検索すると、検索にヒットした画像を表示します。人物で検索することもでき、特定の人物が写っている写真を探したい時にも便利です。

撮りためた写真・動画の量が増えてくると整理が大変ですが、Google フォトには自動的に整理する機能もあります。他にも様々な便利な機能があり、無料で利用できることを考えると Google フォトは驚異的です。

Google フォトは今もサービス提供中ですが(2018年4月9日時点)、Google フォトに限らずクラウドストレージはサービスを終了する可能性があります。Google フォトであれば、しっかりと事前にサービス終了の告知が出るでしょうが、突然サービス終了する可能性はゼロではありませんので、クラウドストレージにのみ写真・動画を保存しておくのは良くありません。

クラウドストレージを利用していると手元の HDD 等に保存しておく必要はないと思えてくるかもしれませんが、サービス終了だけでなくサービス提供側で何らかの事故が起こりデータが消失する可能性も考慮し、パソコンの HDD、外付け HDD にも保存しておくと良いです。

・Google フォトがおすすめ


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で9〜23%OFF等の9大特典
(6月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/B3 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で26%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/B3 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で32%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/B3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/B3 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月25日迄)

バックアップ基礎知識



デル株式会社