CPUはマザーボードとCPUソケットが合えば動作する?

最終更新日 2018年10月19日

CPU ソケットが合うだけではなくマザーボードが CPU に対応している必要があるのか

CPU のソケットとマザーボードのソケットが合えば、マザーボードに CPU を取り付けることができます。しかし、マザーボードに CPU を取り付けることができれば動作するとは限りません。

同じソケットならどのマザーでもCPUは動く | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
ソケットが合うだけではだめで、マザーボードがCPUに対応していなければならない。具体的には、マザーボードの電源回路とチップセット、BIOSのすべてが対応している必要がある。
これではマザーボードに搭載して動作する CPU かどうか判断するのが難しそうですが、同記事には以下のとおり書かれています。
確実なのは、マザーボードメーカーがWebサイトで公開しているCPU対応表を確認することだ。BIOSのどのバージョンからどのCPUをサポートしたかの記述もある。
マザーボードの CPU 対応表を確認することが、確実で簡単のようです。

マザーボードのリビジョンも確認が必要なのか

旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
 運よく使用しているマザーボードが対応表にあったからと言って、必ず動くとは限らない点に注意したい。マザーボードのリビジョンによっては、動作しない製品も存在する。とくにGIGABYTE製品はリビジョンによって対応CPUに大きな違いがあるので、確認の際は製品名だけでなくリビジョン番号もしっかり確かめよう。
上記のとおりマザーボードのリビジョンによって対応 CPU に違いがあるそうですので、リビジョンについても確認する必要があります。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)

CPUソケット



デル株式会社