PC カードスロット

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

PC カードスロット

PC カードスロットは、無線 LAN カード等を接続するために、よく使用されます。PC カードスロットの後継にあたるエクスプレスカードスロットが普及してくると、PC カードスロットを搭載するパソコンは少なくなりました。また、PC カード対応の周辺機器も少なくなり、PC カードスロットは使われなくなった外部インターフェースとなっています。

エクスプレスカードは、PC カードと互換性がないため、PC カードスロットに挿して使用できた PC カードは、エクスレスカードスロットに挿して使えません。よって、エクスプレスカードスロット搭載のノートパソコンでは、PC カードが使えないため、エクスプレスカードスロット搭載のパソコンを選ぶときは、PC カードを挿して使えないと認識しておく必要があります。

PC カードスロットは、そのスロットの幅の大きさ等の違いにより、複数のタイプに分かれています。以下は、主な PC カードスロットのタイプの一覧です。

タイプ 特徴
Type I Type I 対応のカードが使用できます。
Type II Type I 対応のカード、Type II 対応のカードが使用できます。
Type III Type I 対応のカード、Type II 対応のカード、Type III対応のカードが使用できます。スロットの構造によっては、Type I 対応のカード、または Type II のカードであれば、2枚同時に使用できます。ただし、カードの形状によっては、2枚挿せない場合もあります。