高コストパフォーマンス、良サポートとアフターサービス - おすすめメーカー、ショップブランド

最終更新日 2015年11月06日

相反するニーズに応えられる選び方と買い方

コストパフォーマンスが高い事と、サポート、アフターサービスが良い事は相反します。サポート、アフターサービスを良くするためには大きなコストがかかりますので、パソコンの価格に影響します。

そこで、以下のような選び方、買い方をする手があります。

@コストパフォーマンスが高いところで、別途料金がかかるサポート、アフターサービスを付けてパソコンを買う
Aサポート、アフターサービスが良いところで、価格が安いパソコンを選ぶ

どちらかと言うとコストパフォーマンスの高さの方を重視するなら@がおすすめであり、サポートやアフターサービスの良さの方を重視するならAがおすすめです。

ただし、Aは価格が安いパソコンであればコストパフォーマンスはあまり悪くないのでおすすめとなりますが、性能が高く価格が高いパソコンを選びたい場合はAをおすすめできません。

コストパフォーマンスが高いところで、別途料金がかかるサポート、アフターサービスを付けてパソコンを買う

コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドは数多く存在しますが、メーカーに別途料金がかかるサポート、アフターサービスを用意しているのが見られます。

例えば、コストパフォーマンスの高さで有名なデルは、標準で付くサポートは良いとは言い難く、日本語が出来る海外の人材を活用しているため、主に日本語のコミュニケーションに関する問題で、サポートへの不満を感じる要因になっている面があります。

デルは標準サポートの改善に取り組み続けてきたため、標準サポートは良くなってきていますが、標準サポートの上位に当たるプロサポートを用意しており、パソコン購入時に合わせてプロサポートの分の料金を支払えば、プロサポートの利用ができます。(モデルによっては標準でプロサポートが付きます。)

ある程度の料金が上乗せされますが、コストパフォーマンスが悪くなるほどではありません。他のメーカーでも別途で料金を支払えば利用できるサポートが見られます。

サポート、アフターサービスが良いところで、価格が安いパソコンを選ぶ

サポート、アフターサービスが良いところは、全体的にパソコンの価格が高いですが、中には性能を抑えて価格が安いパソコンを販売しているところもあります。コストパフォーマンスが高いところの方が安く買えますが、コストパフォーマンスはあまり悪くありません。

特にサポート、アフターサービスが良いパナソニックやエプソンを見てみると、パナソニックは全体的に価格が高いですが、エプソンではデスクトップパソコンとノートパソコンの両者に価格5万円を割る格安モデルがあります。性能は低いですが、インターネットやメール等の日常利用なら十分な性能ですので、高い性能が必要でなければ問題ありません。

比較的サポート、アフターサービスが良い東芝や NEC、富士通には、価格が安いモデルでも10万円近くはしますので、コストパフォーマンスは良くありませんが、性能が低くても問題が無ければ予算を抑えて購入はできます。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)

おすすめメーカー、ショップブランド