納期が早い - おすすめメーカー、ショップブランド

最終更新日 2015年11月06日

納期が早いメリット、デメリット

納期が早いメリット

完成済みのパソコンは、海外に在庫を置いてある等、すぐに出荷できない何らかの理由が無ければ、納期は大体同じです。一方で BTO カスタマイズに対応したパソコンは、受注してから生産を開始しますが、メーカーやショップブランドによって納期が異なります。

特に海外メーカーは海外で生産しているため納期が長い傾向があり、約2週間が目安となります。国内で生産している国内メーカーやショップブランドでは約1週間が目安となります。

待てれば問題ありませんが、急いでパソコンを入手したい場合は納期が早いメーカー、ショップブランドがおすすめです。急がなくても納期が早ければ、新しいパソコンを早く使い始める事ができます。

納期が早いデメリット

納期が早いメーカー、ショップブランドは少ないため、パソコンの選択肢が狭まるデメリットが発生します。例えば、最も欲しいパソコンが、納期が遅いメーカーで販売されていた場合、納期の早さを優先するなら選べません。

納期が早いメーカー、ショップブランド

国内メーカー

国内メーカーに限りませんが、完成済みのパソコンを販売しているところは多く、完成済みのパソコンも含めると、どこも納期が早いとなりますので、BTO カスタマイズ対応パソコンに限りますと、エプソンは納期が早いです。

エプソンでは、配送地域によりますが基本的に納期2日です。また、エプソンでは全てのパソコンを納期2日としています。他にも納期が早いところがありますが、たいていは一部のパソコンに限定して納期を早くしています。

海外メーカー

海外メーカーでも、BTO カスタマイズ対応パソコンに限りますと、海外で生産して国内に輸送するため、どこも納期が遅いですが、ヒューレッド・パッカードは国内生産も行っており、海外メーカーの中では納期は早いです。

納期が早いといっても約1週間はかかります。また、全てのパソコンが国内生産ではありません。海外生産となるパソコンであれば、納期が遅いです。

ショップブランド

ショップブランドでも、BTO カスタマイズ対応パソコンに限りますと、ドスパラは納期が早いです。

たいていのショップブランドは納期を約1週間としていますが、ドスパラでは配送地域によりますが基本的に納期2日です。全てのパソコンが納期2日ではありませんが、納期が早いパソコンは多く、少なくとも売れ筋の人気パソコンであれば、ほぼ納期が早いです。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)

おすすめメーカー、ショップブランド