ストレージ - 中古パソコンの選び方

最終更新日 2017年01月27日

ストレージの種類の選び方

データを保存しておくために使われるストレージは、長らく HDD が使われてきましたが、2009年頃から SSD も使われるようになりました。

以下は、HDD と SSD のメリット、デメリットです。

  メリット デメリット
HDD ・容量あたりの価格が安い ・読み書き速度が遅い
・衝撃に弱い
・動作音が大きい
・消費電力が高い
SSD ・読み書き速度が速い
・衝撃に強い
・動作音が静か
・消費電力が低い
・容量あたりの価格が高い

HDD のデメリットは、SSD と比べたら見えてくるようなものであり、HDD は避けた方が良いと言えるほどのデメリットにはなりません。中古パソコンでも新しいパソコンでも SSD 搭載モデルの方がおすすめですが、HDD 搭載モデルでも特にデメリットを気にせずに使えます。予算を抑えて購入したい場合は、HDD 搭載モデルの方がおすすめです。

SSD の容量あたりの価格が高いという事は大きなデメリットであり、このデメリットが影響して2015年8月1日時点でも全てのパソコンにおいて HDD から SSD に置き換わっていません。

SSD は容量あたりの価格が下がっていっており、それとともに普及率は上がっていきましたが、2009年に近くなるほど SSD の容量あたりの価格が高く普及率は低かったため、古い中古パソコンほど SSD 搭載モデルは少ないです。

そのため、SSD 搭載モデルを選びたい場合は、2009年以降に発売されたモデルに限定し、年式が新しい方に注目して探してみると良いです。

ストレージ構成の選び方

容量が大きい SSD のみ搭載だと価格が高くなるため、小容量 SSD と大容量 HDD を搭載したパソコンが見られるようになりました。

以下は、それぞれのストレージ構成の特徴です。

HDD ・容量あたりの価格が安いため、最も予算を抑えられる
SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・容量あたりの価格が高いため、十分な予算が必要
HDD + SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・HDD のみよりは予算が高くなるが、SSD のみよりは予算を抑えられる
(※)予算についてはストレージ全体の容量が同じ場合

中古パソコンでも新しいパソコンでも、SSD のみ搭載モデルだと価格が高いか、価格を抑えるために容量が小さいです。HDD と SSD 搭載モデルなら価格は抑えられており、HDD の容量は大きいです。

SSD は OS やソフトウェアのインストール用、HDD は動画や画像、音楽等の容量が大きいデータの保存用として使えば、OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながり、ストレージ全体で見れば容量不足に悩まされる可能性は低くなります。

SSD 搭載モデルを選びたいが、価格の高さや容量の小ささが問題になるなら、HDD + SSD 搭載モデルも選択肢に入れると良いです。

ストレージ容量の選び方

今では HDD の容量あたりの価格が安くなり、新しいパソコンを見ると、どのモデルにも十分すぎる HDD 容量がありますが、昔は HDD の容量あたりの価格は高く、HDD 容量は小さいものでした。

しかし、かなり古い中古パソコンを選ばなければ、中古パソコンでも多くのモデルに十分なHDD 容量が搭載されています。SSD 搭載モデルと、容量あたりの価格が高いため、HDD 搭載モデルより容量が小さい傾向が見られます。

必要なストレージ容量は人によって異なりますが、500GB もあれば十分です。少なくとも 250GB は欲しいです。かなり古い中古パソコンだと、HDD 搭載モデルでも 250GB もないモデルが見られますが、容量が足りなくなったら外付けストレージを利用する手があります。

自分にとって必要な容量がパソコン内部に搭載されている必要がなければ、外付けストレージの利用を前提として、容量が小さくても気にせずに中古パソコンを選ぶと良いです。そうすれば、中古パソコンの選択肢が広がります。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




コラム - ストレージ

デル株式会社