プロトコルとは?

最終更新日 2019年10月11日

プロトコルとは何か

プロトコル - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、以下のとおり書かれています。
コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事。
各コンピューターにて通信する際の手順や規約等がバラバラで共通化されていないと通信できませんので、プロトコルとは通信できるように作られた通信の取り決めのようなものであり、各コンピューターはプロトコルに従って通信を行うと考えられます。

なぜ通信の決まりごとをプロトコルと呼ぶようになったのか、 プロトコルという通信用語はどこから来たのか | 日経 xTECH(クロステック) には、プロトコルの由来が書かれています。簡易にまとめると以下のとおりです。

・プロトコルの語源は、古代ギリシャ語で巻物の最初の紙という意味の protokollon
・プロトコルは、草稿や議事録という意味になり、議定書や外交儀礼という意味に発展する
・大型コンピュータを共有するため等に作られたネットワーク ARPANET のために開発された通信の取り決めを、ARPANET のエンジニアがプロトコルと呼んだ
・ARPANET は極一部の研究者しか利用できなかったので、プロトコルという用語はまだ広まらなかった
・パケット交換技術の標準規格 X.25 にて開発された通信の取り決めをプロトコルと呼んだことで、世界中のパケット交換のエンジニアの間でプロトコルという用語が共通語になる
・当時はコンピュータ上で動くソフトウエアに関する取り決めがプロトコルだったが、プロトコルの階層化や体系化が進むにつれて伝送路等のハードウエアに近い部分も含めて、通信にかかわる取り決めをまるごとプロトコルと呼ぶようになった

ネットワーク上の通信でプロトコルという用語をよく聞きますが、ネットワーク以外の通信でもプロトコルという用語を聞くことがあります。

例えば、マザーボードとストレージの間の通信はネットワーク上ではありませんが、その通信の取り決めでプロトコルという用語を聞くことがあります。

プロトコルという用語がネットワーク上での通信でよく使われるせいか違和感を感じてしまいますが、ネットワーク以外の通信でもプロトコルという用語を使っても良いのでしょうか。

聞かれて困ったIT用語 – 「プロトコル」 | タロスカイ公式ブログ には、USB の通信の取り決めでプロトコルという用語が使われていることについて、以下のとおり書かれています。
ウェブ系の技術者にとって通信といえばインターネットのことなので、この用法には違和感を持つ方も多いかもしれません。しかし、どちらも通信であることは同じなので一貫性の観点からもプロトコルと呼んで問題ないでしょう。
ネットワーク以外の通信でも、通信であることは同じなので、プロトコルという用語を使っても問題ないようです。

・プロトコルとは通信の決まりごと


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

プロトコル



デル株式会社