ページファイル

最終更新日 2023年09月07日

ページファイルとは

基礎

ページファイルとは、仮想メモリーで使用するファイルです。ページングファイル、スワップファイルと呼ぶ場合もあります。

仮想メモリーとは、外部記憶装置の一部をメインメモリーとして使用する機能です。外部記憶装置の一部にファイルを作成し、このファイルにメインメモリーが保持するデータを一時的に保存します。このファイルがページファイルです。

連続領域の必要なし

メインメモリーのように使用するのでページファイルは外部記憶装置上で連続領域である必要がありそうですが、その必要がありません。断片化しても問題ありません。

情報漏洩

メインメモリーが保持するパスワード等の情報をページファイルに保存する場合があります。もし悪意のあるユーザーがページファイルにアクセスできる状態になると、情報が漏洩する可能性があります。

ページファイルのサイズ

サイズが動的に変化するとHDDの断片化が進む

外部記憶装置としてHDDを使用するとします。Windows 7使用を前提に説明すると、ページファイルのサイズの設定で「システム管理サイズ」に設定する、または「カスタムサイズ」を選び初期サイズと最大サイズが異なる設定にします。この場合、ページファイルのサイズの拡張が発生するごとにHDDの空き領域を確保するため、HDDで断片化が進む要因になります。

昔は断片化を抑制するためにページファイルのサイズを固定する方がよかったですが、今では断片化しにくくなったので固定する必要性が低いです。

サイズの設定値

ページファイルのサイズを固定するために初期サイズと最大サイズを同じ設定値にする場合、メモリー不足にならないように設定する必要があります。搭載メインメモリー容量と同じくらい、搭載メインメモリー容量の1.5倍、搭載メインメモリー容量の2倍、搭載メインメモリー容量の3倍等、推奨できる設定値がシステムやユーザーによって異なります。

ページングファイルなし

ページファイルのサイズの設定で「ページングファイルなし」に設定する場合、ページファイルのサイズの拡張が発生しなくなりますが、メモリー不足になる可能性が高く推奨できません。メインメモリーの使用量がメインメモリーの容量を超えるとメモリー不足になり、アプリケーションが突然に異常終了します。異常終了しなくても正常に動作しない場合があります。メモリー不足にならないほどメインメモリーの容量があっても、ページファイルの使用が前提のアプリケーションが正常に動作しない場合があります。

コラム

Windowsのswapfile.sys

Windowsのページファイル名が、昔はswapfile.sysでした。今ではpagefile.sysです(2022/06/22時点)。Windows 8からswapfile.sysが再登場し、pagefile.sysとswapfile.sysがあります。このswapfile.sysは、Windows 8/8.1ではWindowsストア・アプリ(モダン・アプリ)用のページファイル、Windows 10からUWPアプリ用のページファイルです。これらのアプリでは仮想メモリーの機能が従来とは異なる方式になったので、専用のページファイルとしてswapfile.sysが登場しました。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)