CPUの冷却不足の症状とは?

最終更新日 2019年10月11日

CPU の冷却不足の症状とは何か

PCが不安定 2/3 | PCトラブルバスターズ!!! | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。
 CPUやビデオカードは非常に発熱の大きなパーツであり、クーラーの冷却能力が十分でなかったり、正しく装着されていなかったりした場合、高い負荷がかかって発熱が増大したときに放熱が追い付かなくなり、動作が停止し、急にシャットダウンしたり、表示がおかしくなったりといった状況になりやすい。
表示がおかしくなるとは画面が砂嵐のように乱れたりすることだと考えられます。

画面表示に関する症状はビデオカードの冷却不足による症状であり CPU の冷却不足では見られない症状のような気がしますが、CPU 内蔵グラフィックスを使うパソコンなら CPU の冷却不足でも発生すると考えられます。

「CPUが焼ける」のは昔の話、熱でCPUは壊れない | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
 スロットリングをしても冷却が間に合わなければ、CPUは自動的に停止します。パソコン全体の終了(シャットダウン)のような安全な停止ではなく、突然再起動したり電源が切れたりします。
スロットリングとは、CPU のパフォーマンスを落として発熱量を抑える機能です。

CPU が冷却不足だと本来の性能を発揮できず、ユーザーはパソコンの動作が遅くなったと感じるようです。

そして、スロットリングが機能しても冷却不足が続く場合は、パソコンの電源が突然落ちる、突然再起動するといった症状が見られるようです。

トラブル発生時の原因特定方法 - AKIBA PC Hotline! には、「電源は入るが、すぐに切れる」という症状について、以下のとおり書かれています。
 電源は入るもののすぐに切れるという場合は、冷却不足でCPUの保護機能が働いていることが主に疑われる。
CPU が冷却不足だと、パソコンの電源を入れてもすぐに切れる症状が見られることがあるようです。

同記事によると、CPU クーラーを外して CPU グリスを塗り直し、電源がきちんと入るようになったのであれば、CPU の冷却不足が原因と見て良いようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)