疑似フルカラーならTN、フルカラーならVAかIPS?

最終更新日 2019年10月23日

疑似フルカラーならTN方式、フルカラーならVA方式かIPS方式なのか

miyahan.com | WUXGA 高解像度ワイド液晶ディスプレイ選び P.2 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
 未だネイティブフルカラーTNパネルは存在していませんし、VA・IPSパネルのほとんどはフルカラーなため「TNパネル=擬似フルカラー」と思って間違いありません。
ディスプレイ注釈一覧 | カテナレンタルシステム株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
TN方式:ほぼ6bitの擬似フルカラーパネル。

(略)

VA方式:ほとんどが8bitフルカラーパネル。
第4回 TN?VA?IPS?──液晶パネル駆動方式の仕組みと特徴を知ろう | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2005年10月7日)
 最大色数は「1677万色」が基準となる。「1619万色」だったり、注釈として「ディザリング使用」などと書かれている場合は、ほぼ確実にTN 方式だ。ただし、TN方式でも1677万色の製品は存在するため、1677万色ならVA方式かIPS方式であるとは言い切れない。
昔はフルカラーTN方式はありませんでしたが、今ではあるようです。それでもフルカラーTN方式は少ないようです。

VA方式とIPS方式では、多くの場合フルカラーのようです。

疑似フルカラーならTN方式、フルカラーならVA方式かIPS方式の可能性が高いと判断できるようです。


キャンペーン情報
富士通
・令和1周年記念セール
クーポン利用で20〜23%OFF等の11大特典
(6月8日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(6月16日迄)