なぜCoreはRyzenよりゲーム性能が高い?

最終更新日 2020年09月29日

なぜCoreはRyzenよりゲーム性能が高いのか

専用ベンチではRyzenが高性能でも、ゲーム性能ではCoreが勝つ理由とは 〜Intelがベンチマーク説明会を開催 - PC Watch には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/08/20)
 Core i7-10750HはRyzen 7 4800Hと比べてコア数の面で不利だが、ゲームプレイにおいてはコア数よりも動作クロックの上昇の方が性能向上に大きく影響するという。コア数による性能の上げ幅は平均で、6コアから8コアで2%、8コアから10コアで1.5%程度と小さいのに対し、動作クロックでは3GHzから4GHzで20%、4GHzから5GHzで10%程度と大きくなる。こういった要因から、高い動作クロックで優れた性能が発揮できるCore Hシリーズプロセッサは、モバイルゲーミングに適した製品だとした。
同記事の検証結果によると、CoreはRyzenと比べるとコア数が劣るがクロック周波数が優れており、ゲームではコア数よりもクロック周波数の方が性能に大きく影響するので、CoreはRyzenよりゲーム性能が高いようです。

同記事の検証で使われたCPUは、Core i7-10750H(6コア12スレッド、2.6GHz、ブースト5GHz)、Core i5-10300H(4コア8スレッド、2.5GHz、ブースト4.5GHz)、Ryzen 7 4800H(8コア16スレッド、2.9GHz、ブースト4.2GHz)です。

ベンチマークのCinebench R15/R20、3DMark Time Spy/FirestrikeではRyzen 7 4800Hが最も高いスコアを出しましたが、ゲームの平均FPS計測結果はRyzen 7 4800Hが最も低い結果となったそうです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
春の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大30,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(4月28日迄)
DELL
・GWセール
おすすめデスクトップパソコンがクーポンで最大18%OFF
(4月19日迄)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)

ゲームとCore、Ryzen



デル株式会社