電源ユニットの容量は大きすぎると消費電力の無駄が大きい?

最終更新日 2019年05月20日

電源ユニットの容量は大きすぎると消費電力の無駄が大きいが気にする必要はないのか

電源ユニットは電圧変換時の損失分により消費電力の無駄が発生しますが、電源ユニットの容量が大きすぎると消費電力の無駄が大きくなります。

消費電力が電源ユニットの容量の半分くらいだと最も電圧変換効率が高く、そこから消費電力が低くなっていくほど電圧変換効率が低くなっていくからです。

自分のPCに合った出力の電源を買わないと無駄 | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
 ただ、変換時の損失分が少なくなる(効率が良くなる)のはある程度負荷がかかっている状態。消費電力が低いシステムに大出力電源を組み合わせたときは、厳密には無駄と言えなくもない。ただ、過去の本誌のテストでは電源ユニットの違いに埋もれてしまう程度の差しかなかった。
この記事からも電源ユニットの容量が大きすぎると消費電力の無駄が大きいとわかりますが、気にする必要はないようです。

容量が大きすぎる電源ユニットを使わない方が良いのか

日経 xTECH(クロステック)の記事と比べて 大は小を兼ねる??? | オウミ技研 の記事では、消費電力に見合わず容量が大きすぎる電源ユニットを使うことに対し否定的です。
容量が大きければ良い訳では無いのです。
何故??
容量の大きすぎる電源は、無駄が多くなってしまうのです。

(略)

高性能な大容量電源は損失も大きい為、非常に熱くなります。
大きなヒートシンクやファンが搭載されている理由はここにあります。
この様な大容量電源は、損失面でのデメリットが大きい為、大きな電力を必要とする高性能マシンのみに見合う訳です。
大は小を兼ねないのです!
消費電力の無駄が発生すれば無駄な発熱も発生しますが、この記事では発熱の方に注目しています。

電源ユニットの容量や電圧変換効率、消費電力等の条件によって変わってくるでしょうが、消費電力の無駄によりどれだけ電気代の無駄が発生するか、無駄な発熱によりどれだけ電源ユニットの温度が上昇するかわからないと、容量が大きすぎる電源ユニットを使うことについて気にする必要があるのかないのか何とも言えないと思います。

日経 xTECH(クロステック)の記事によると、過去にテストをしたことがあるようですが、日経WinPC というパソコン雑誌にテスト結果を掲載しましたが、インターネット上では公開していないと思われます。


キャンペーン情報
ドスパラ
・サマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月30日迄)
ツクモ
・ツクモ決算SALE!
お買い得品を多数ご用意
(9月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第3弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月29日迄)