英語キーボードの方が良い理由とは?

最終更新日 2019年10月11日

英語キーボードの方が良い理由とは何か

日本で販売されているノートパソコンのキーボードや周辺機器の外付けキーボードは、日本語キーボードが主流です。日本語キーボードは、JIS(ジス)配列キーボードとも呼びます。

一方で英語キーボードもあります。日本語キーボードの方が良い人もいれば英語キーボードの方が良い人もおり、結局は人それぞれですが、英語キーボードの方が良い理由とは何なのでしょうか。

「英語キーボード」の根強い人気が続く理由 - ITmedia NEWS には、以下のとおり書かれています。
 まず、両者で形状の異なるEnterキーです。英語キーボードでは細いバーのような形をしており、小指を伸ばしてアバウトに「ターン!」と押しても、ブレずに気持ちよくタイプできる感覚があります。

 Backspaceキーは、英語配列のほうが周辺のキーが少ないために横方向に余裕があり、こちらもアバウトにタイプしても正確に打ち込める印象です。

(略)

 違いはキーの大きさだけではありません。実はアプリケーションのショートカットキーが英語キーボードに最適化されている場合が多いという点も挙げられます。
英語キーボードがいい3つの理由 - 日経トレンディネット には、以下のとおり書かれています。
 まず、英語キーボードはキー表面の刻印がアルファベットと記号のみで見た目がスッキリしていること。

(略)

 2つめは、「変換」や「無変換」や「カタカナひらがな」といったキーがないこと。

(略)

 そして3つめは、スペースキーが長いこと。
キーボード。日本語配列と英語配列。 - ツクモゲーム部 には、以下のとおり書かれています。
 一部のプログラミングにおいては英語配列の方が記号の配置が都合が良いと聞いた事があります。

 それが理由で英語配列キーボードを好んで使われる方もいらっしゃるそうです。
以上いろいろな記事を見てきましたが、キー表面に日本語文字が印字されておらず見た目が良い、「Enter」キーを打ちやすい、「変換」や「無変換」や「カタカナひらがな」キーがないので「Backspace」キーが長く打ちやすい、アプリケーションによっては英語キーボードのキー配列の方が打ちやすいといった理由があるようです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)