M.2 SSDを搭載可能な物理的サイズの要件とは?

最終更新日 2019年05月20日

M.2 SSDを搭載可能な物理的サイズの要件とは何か

Plextor SSDで学ぶ現在のストレージインタフェース - SATAとM.2、それぞれのメリットとは? (2) M.2はSSD以外も扱える | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。
M.2対応のマザーボードを見ると、M.2用のカードエッジコネクタの横に、いくつかネジ穴が確認できるが、これは、M.2カードに、2230、2242、2260、2280、22110と5つの長さのモジュールサイズがあるためだ(ほか、3030サイズもある)。

(略)

M.2対応マザーボードはASRock製品のように、22系を30〜110までフルサポートする例外もあるが、現在のところ2242/60/80といったあたりをサポートしているマザーボードが多い。
ネジ穴とは M.2 SSD をマザーボードにネジで固定するために使うものです。M.2 SSD の各長さに対応できるように複数のネジ穴があります。

SanDisk EXTREME PRO M.2 NVMe 3D SSD サポートのシステムチェックリスト - サンディスク には、SanDisk EXTREME PRO M.2 NVMe 3D SSD の物理的サイズの要件について、以下のとおり書かれています。
SanDisk EXTREME PRO M.2 NVMe 3D SSDはフォームファクタM.2 2280です。

通常、幅22mm x 長さ80mm, and 高さ最高2.4mm です。すべてのM.2 NVMe SSDは通常22mmですが、他の製品は長さを30、42、60、80、または110mmに変更していることがあります。

長いスロットスペースの場合一般的に短いデバイスに対応することができます。 したがって、SanDisk EXTREME PRO M.2 NVMe 3D SSDはM.2 2280またそれより長いスロットに対応可能です。 しかしながら、いずれの場合も適切なねじでしっかりと固定する必要があります。
SanDisk EXTREME PRO M.2 NVMe 3D SSD に限らず他の M.2 SSD にも当てはまると考えられます。

以上いろいろな記事を見てきましたが、M.2 SSD の長さがマザーボードの M.2 スロットが対応している最大長を超えなければ搭載できるようです。ただし、M.2 SSD の幅に関しては、マザーボードの M.2 スロットが対応している幅と一致する必要があります。

M.2 SSD の高さ(厚さ)には触れていませんが、パソコン等のコンピューターによっては高さ(厚さ)に関しても搭載可能な物理的サイズの要件があるかもしれません。

M.2 SSD にはシングルサイドとダブルサイドがありますが、シングルサイドでは基板上面にフラッシュメモリーチップを実装しており、ダブルサイドでは基板上面と基板底面にフラッシュメモリーを実装しています。

シングルサイドとダブルサイドそれぞれ様々な高さ(厚み)が存在していますが、一般的にはダブルサイドの方が高さ(厚み)があります。

シングルサイドの M.2 SSD は内部スペースが狭いコンピューター向けですので、ダブルサイドの M.2 SSD は搭載できない、すなわち高さ(厚さ)オーバーで搭載できない場合があるかもしれません。

・M.2 SSD の長さは、マザーボードの M.2 スロットが対応している最大長を超えてはならない
・M.2 SSD の幅は、マザーボードの M.2 スロットが対応している幅と一致する必要がある
・M.2 SSD の高さ(厚み)がオーバーし搭載できない場合があるかは不明


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
DELL
・お客様感謝セール
新製品Dell G5ほかおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(6月17日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月27日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月25日迄)