用語の意味は異なることがある

最終更新日 2019年10月11日

用語の意味は異なることがある

パソコン関連の用語に限らず用語の意味は統一されていると良いと思いますが、用語の意味が異なることがあります。用語の意味が異なることがあるという現実を、頭の片隅にでも入れておくと良いです。もしそうしないと、以下の話に出てくるような人になってしまうかもしれません。(以下の話は実話をもとにしています)

パソコンに限らず様々な家電製品で使われることがある周辺機器の某用語について、処理Aの内容を意味することもあれば処理Bの内容を意味することがあります。処理Bという意味で某用語を使った人達に対して、ある人が知ったかぶりで恥ずかしい等とこき下ろしました。

その某用語についてですが、昔は処理Aという意味で使われてきました。処理Aは時代遅れとなり処理Aという意味で某用語は使われることはほとんどなくなり、処理Bという意味で某用語は使われるようになっていきました。処理Bという意味で某用語を使っても全く知ったかぶりでも恥ずかしいことでもありませんでした。メーカーも処理Bという意味で某用語を使うことが多いので、その意味で某用語を使う方が通じやすいです。

この話に出てきた用語は、昔と違って今では別の意味でも使われるようになった用語ですが、用語の意味が異なるパターンは他にもあります。例えば、特定の業界やメーカーでしか通用しない意味で用語が使われる、言い換えると業界やメーカーによって用語の意味が異なることがあります。

用語の意味が異なると不満を感じ苦言を呈したくなることもあるでしょうが、意味が異なると思われる用語に出くわしたら、話の流れから用語の意味を判断すると良いです。

用語の意味を整理し統一することができそうなら、用語の意味が異なることを放置せず統一するように取り組めないか検討してみると良いです。

例えば、職場で用語の意味が異なっていて仕事の効率が落ちているのではないかと疑問に思ったことがある人は多いと思います。そのような場合、一人ではなく多くの人の協力が必要ですが、用語の意味が統一されれば仕事の効率が高まるかもしれません。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)