Intel VTとは?

最終更新日 2018年10月19日

Intel VT とは何か

Intel VT(Intel Virtualization Technology)とは、仮想化ソフトウェアを支援する機能です。

仮想化ソフトウェアとは、1台のパソコンにて複数の OS を同時に動作させるソフトウェアです。通常は1台のパソコンにて動作する OS は1つですが、仮想化ソフトウェアを利用すれば、例えば Windows 10 と Windows 8.1 の同時動作が可能となります。

・Intel VT とは仮想化ソフトウェアを支援する機能

Intel VT は仮想化ソフトウェアに対しどのような支援をするのか

OS は、CPU に対し処理をするように命令を出しますが、特権命令と呼ばれる命令を出します。特権命令を CPU が実行するには、CPU は特権モードで動作する必要があります。CPU にはユーザーモードもあり、ユーザーモードでは特権命令を実行できません。

ユーザーモードは、OS 上で動作するアプリケーション用の動作モードであり、仮にアプリケーションが特権命令を出しても CPU がユーザーモードであれば拒否して実行しません。

OS を同時に動作させるには、OS 上で別の OS をアプリケーションのように動作させることになりますが、別の OS が特権命令を出しても CPU はユーザーモードですので処理を行いません。

仮想化ソフトウェアは、別の OS が出す特権命令をユーザーモードでも実行できる命令に変換し、OS 上で別の OS が動作するようにします。

仮想化ソフトウェアは別の OS が特権命令を出したら変換するので別の OS を監視する必要があり、この監視の処理の負担が大きいですが、Intel VT は仮想化ソフトウェアの監視処理の負担を減らし、パフォーマンスを向上させます。

・仮想化ソフトウェアが別の OS を監視する処理の負担を減らしパフォーマンスを向上させる


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)