PC ゲームでは、SSHD でも体感できるほど高速化する - ゲームパソコン

最終更新日 2016年06月15日

SSHD を選ぶメリットは薄れてきている

以下では、SSHD(ハイブリッド HDD とも呼ばれる)はコストパフォーマンスが高く、PC ゲームでの使用に向いていることを記載していますが、SSD の低価格化と大容量化が進み、SSHD を選ぶメリットは薄れてきています。

そのせいか、SSHD が搭載されているパソコンが少なくなり、BTO カスタマイズで SSHD に変更できるパソコンも少なくなり、SSHD を使用したい場合は、一般的にパソコン購入後に SSHD へ交換する必要があります。

現状では、PC ゲーム用にパソコンを選ぶなら、SSHD の存在について気にせずに SSD に注目して選ぶのがおすすめです。(2016年6月14日時点)

容量あたりの価格が高い SSD

PC ゲームを HDD ではなく SSD にインストールすれば、SSD は HDD よりもデータ読み込み速度が速いため、PC ゲームの起動時間やロード時間、セーブデータの読み込み時間等の短縮につながります。

PC ゲームによっては SSD による効果はありませんが、多くの PC ゲームでは SSD により体感できるほど高速化するため、SSD の重要性は高いです。

しかし、SSD は容量あたりの価格が HDD よりも高く、小容量 SSD であればそれほど価格は高くなりませんが、大容量 SSD だとかなり価格が高くなります。

小容量 SSD にするとしても、インストール容量が数十GBになる PC ゲームは珍しくなく、そのような PC ゲームをプレイするなら数タイトルで容量不足になります。

そこでおすすめなのが、SSHD です。SSHD は、ハイブリッド HDD とも呼ばれ、小容量 SSD と大容量 HDD が一体となったようなストレージです。

SSHD は、同じ容量で比較すると HDD より高いですが SSD よりも安いので、容量あたりの価格が安いです。SSD ほどではありませんが、SSD と同様に高速化しますのでコストパフォーマンスが高いです。

SSHD により高速化する理由

SSHD には、SSD にもあるフラッシュメモリーがあり、フラッシュメモリーをキャッシュとして使用します。キャッシュとは、次に読み込まれる可能性が高いデータを保存しておくために使用する場所です。

フラッシュメモリーの方がデータ読み込み速度が速いので、キャッシュにより様々な処理が高速化されます。例えば PC ゲームの起動時に読み込まれるデータがキャッシュにあれば、PC ゲームの起動時間が短縮します。

SSHD のフラッシュメモリー容量は製品によって異なりますが、平均的に見るとフラッシュメモリー容量は 8GB です。たった 8GB しかありませんが、8GB でも多くの PC ゲームで体感できるほど高速化します。

さすがに SSD には勝てませんが、SSD で〜秒短縮するなら、その半分の短縮効果は得られると期待できます。また、SSD と同じくらいの短縮効果が出る場合もあります。

平均的に見れば、SSHD だと HDD よりは速くなるが、SSD よりは遅いと言えます。

パソコンの用途次第では PC ゲームで高速化しない

キャッシュを PC ゲーム専用としては使えないため、PC ゲーム以外の用途で使っていると、PC ゲームで効果が出ない場合があります。なぜなら、パソコンで利用される全てのデータの中で、利用頻度が高いデータがキャッシュに保存されるからです。

例えば、PC ゲームよりも動画や画像編集にパソコンを使う機会が多ければ、動画や画像編集で利用されるデータがキャッシュに保存され、PC ゲームではキャッシュによる効果が出ません。

逆に PC ゲームにパソコンを使う機会が多ければ、PC ゲーム以外の用途、OS の起動さえもキャッシュによる効果が出なくなります。そのため、PC ゲームに限らず様々な用途でパソコンを使う、PC ゲーム以外の用途でもデータ読み込み速度を速めて高速化したい場合は、SSD を選ぶ方が良いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・冬のボーナス特集
3万円台からと値段も手頃な下位モデルをご用意、上位モデルも値下げでお買い得
(1月16日迄)
Dell
・新春スーパーセール!
平日(火〜木)限定、お買い得パソコンが送料無料、クーポンで最大9,000円オフ!
(1月19日迄)
ドスパラ
・半期決算売尽し
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(1月31日迄)
パソコン工房
・プレミアムウィンターセール
お買い得なパソコン・PCパーツが勢ぞろい!
(1月31日迄)

コラム - ゲームパソコン