1年以上のメーカー保証が追加料金なしで付くのはお得なのか

最終更新日 2017年11月27日

メーカー保証期間を延長するなら追加料金が発生する

たいていのメーカーは、パソコンに付くメーカー保証の期間を1年としています。メーカーによっては1年以上のメーカー保証を付けられるようにしており、メーカー保証の期間を延長するなら追加料金が発生します。

追加料金はメーカーによって異なり、パソコンの価格によって追加料金が変わることがあり、保証内容はメーカーによって異なりますので、一概に追加料金の目安を示すのは難しいですが、例えばメーカー保証期間を3年に延長するなら安い方だと約5千円であり、高い方だと1万円を超えてきます。

1年以上のメーカー保証が標準付属するパソコンは価格に追加料金が含まれているのか

2年や3年等、1年以上のメーカー保証を追加料金が発生することなく付けているメーカーが見られます。

メーカー保証を延長すると発生する追加料金を考えればお得に見えますが、追加料金なしでメーカー保証を延長するようなものですのでメーカーにとっては損に見えます。

もしかしたらパソコンが故障しにくいよう耐久性を高くしているのでメーカー保証期間を延ばしても特に影響がないのかもしれませんが、パソコンの故障率はメーカーによって少しは差があるでしょうが大きな差があるとは考えにくいです。

追加料金なしで1年以上のメーカー保証を付けることでパソコンの売上が伸び、追加料金なしにした分を回収できるかもしれませんが、パソコンの売上が伸びればメーカー保証を受ける人数も伸び逆に損が増えかねません。

メーカーが努力した結果、メーカー保証を延長すると発生する追加料金をなくせるほどコストダウンに成功したのかもしれません。

しかし、パソコンの価格競争が激しく利益を出すのが難しい状況であり、メーカー保証の延長にかかる追加料金をなしにできるほどコストダウンできるとは考えにくいです。

パソコン以外の商品やサービスを見渡してみれば、無料で付属するものがあっても商品やサービスの価格に含まれているものであり、一見お得に見えても実際はお得ではないことばかりです。

1年以上のメーカー保証に関しても、メーカー保証の延長にかかる追加料金が見えない形となってパソコンの価格に含まれていると見ておく方が良いと思われます。

つまり、1年以上のメーカー保証が追加料金なしで付くパソコンを買うことは、追加料金を払って1年以上のメーカー保証を付けてパソコンを買うことと同じです。

以上はあくまでも可能性です。1年以上のメーカー保証が追加料金なしで付くパソコンは本当にお得なのかもしれません。

細かいことは気にせずにパソコンを選ぶ

いろいろ書きましたが、あまり気にする必要はないと思います。

1年以上のメーカー保証が追加料金なしで付くことに釣られてしまいパソコンの選び方が疎かになってしまっては良くありませんが、メーカー保証について気にせずにパソコンを選び、自分にとって納得できるパソコンであれば選ぶと良いです。

メーカー保証に関する価格が不透明だからと選ぶのを避けるのはもったいないと思います。


キャンペーン情報
富士通
・歳末大感謝セール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(12月13日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)

保証、サービス



デル株式会社