買ってはいけないパソコンとは?

最終更新日 2018年12月03日

買ってはいけないパソコンとは何か

修理3回、期間3カ月! こんなパソコンは買ってはいけない - 日経トレンディネット によると、購入したパソコンの修理対応が良くなかったようで、簡単に経緯を紹介すると以下のとおりです。(記事の公開年月日は2013年11月19日)

・購入したパソコンが約4ヶ月の使用で充電できないトラブルが発生
・修理に出し1週間と経たない内に戻ってきたが、バッテリー切れと同時にまた充電できないトラブルが発生
・サポートの指示に従い丸1日充電したが改善せず、また修理に出し1週間以上かかったが戻ってきたパソコンは充電できた
・1回目の修理ではバッテリー交換だったが、2回目の修理ではシステムボードとACアダプターの交換だった
・画面にタッチしても Windows 8 のチャームが表示されないトラブルが発生
・サポートの指示に従って再起動や再インストールしたが改善せず、またまた修理に出し約1ヶ月後に戻ってきた

どのパソコンメーカーのことなのか具体的に公表はしていませんが、低価格が魅力の某外資系メーカーだそうです。

記事に筆者は「同じ思いをした人が少なからずいるはずとは思うものの、たまたま1度だけ、こういう事象が起こったかもしれないからだ。」と書いてますが、インターネットでサポートの評判について調べサポートの評判が悪いメーカーのパソコンは避け、サポート重視なら NEC、富士通、東芝、ソニー等の有名国内メーカーのパソコンを選ぶ方が良いようです。

池田信夫 blog : Lenovoのコンピュータは買ってはいけない によると、Lenovo の ideapad 100 15IBD というノートパソコン(Windows 10 対応)の価格は安かったが、1週間足らずで以下のとおりトラブルが多発したそうです。(記事の公開年月日は2016年2月14日)

・タッチパッドが動かない(Lenovo のウェブサイトから Win10 対応ドライバを入手し解決)
・Lenovo の動画ドライバをダウンロードしたら、コンピューターが吹っ飛んで初期化されたので、OS とアプリ全てを再インストールすることになった
・Skype を利用したらマイクの音が出ず、Win8.1 のドライバを入れたら非常に小さい音が出るようになったが会話ができる状態ではない
・キーボードがおかしく文字が二重に入力される(キー入力の速度調整をしても直らなかった)、コントロールキーの効きが悪い

他にも24時間サポートと銘打っているのに電話対応は日曜日は休み、サポートサイトには日本未発売モデルなので詳しい情報が掲載されていない、Baidu に中国共産党のバックドアがあることは周知の事実だが Lenovo や Huawei にもあるだろう、サポートから送料は元払いで送るように言われた等、いろいろ Lenovo に対する不満を述べており Lenovo のパソコンを買わない方が良いそうです。

安くても「買ってはいけないノートPC」。後悔しない必要最低限なスペックは? | 日刊SPA! では、「オススメできない10万円以下のノートPC」として以下をあげています。(記事の公開年月日は2018年8月18日)
「CPUが『Celeron N』や『Atom』は性能が低く、ストレージが『eMMC』の場合は速度が遅くなりがち。これらは主に6万円クラス以下のモデルに搭載されています。ベスト上位にレノボやDellも挙げましたが、同じメーカーで見た目は似ていても中身は別物。タブレットにも使える2in1モデルもあるので購入する人も多いですが、きちんと性能を把握したうえでないとサブPCとしても役に立たないことも」
具体的に上記の条件に当てはまるノートパソコンの3つのモデルを紹介しています。

以上の記事にて買ってはいけないパソコンについて見てきましたが、言葉を額面通りに受け取るのではなく自分に合うか合わないか慎重に選ばないと失敗するということを主張していると考えられます。

ただし、池田信夫 blog の記事に関しては、問答無用で Lenovo のパソコンを買ってはいけないと主張しているように見えます。

日経トレンディネットの記事に関連してサポートについてですが、サポートを重視するなら NEC、富士通、東芝 等の有名国内メーカーのパソコンを選ぶ方が良いと思います。

パソコンの故障に限らず使い方等で何か困ったことがあったらサポートをよく利用するユーザーと接する機会が昔と比べて増えましたが、そのようなユーザーから直接聞いた話から判断すると、確かに有名国内メーカーのサポートは優れていると思います。

海外メーカーや国内メーカーのマウスコンピューター、パソコン工房、ドスパラ、ツクモ等のサポートについては、これらのメーカーのパソコンを購入し、かつサポートをよく利用するユーザーと接する機会がほぼないため不明です。これらのパソコンを購入するが、故障等の自分だけでは解決できないトラブル発生時くらいしかサポートを利用しないユーザーばかりです。

日刊SPA!の記事に関連して性能についてですが、確かに CPU の Celeron N や Atom は性能が低く、ストレージの eMMC も性能が低いので、選ぶ際は自分にとって性能は十分かどうか慎重に判断する必要があります。

と言っても、PC ゲームや動画編集、画像編集等、負荷が高い作業に使わないユーザーなら、過半数は「これくらいの性能があれば良い」と可もなく不可もなく使えそうな気はしますが、実際に多数のユーザーに使ってもらって評価を集めないとわからないことです。


キャンペーン情報
富士通
・歳末大感謝セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の10大特典
(12月19日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WD1/C2 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で20%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)