光学ドライブ - 動画編集用パソコンの選び方

最終更新日 2017年03月12日

光学ドライブの選び方

光学ドライブは必須ではない

動画編集では、光学ドライブは必ず必要とはなりません。DVD や BD に対し、動画ファイルの読み込みや書き込みを行うなら必要となります。また、自作の DVD ビデオや BD ビデオを作成する場合も光学ドライブが必要となります。

また、短時間で複数の DVD や BD への書き込みを行いたい場合は、複数の光学ドライブを搭載するモデルを選ぶ方が良くなってきます。

タワー型なら光学ドライブの交換や増設が可能

光学ドライブは、パソコン購入後に交換や増設が可能です。ただし、それはデスクトップパソコンタワー型に限られます。デスクトップパソコン省スペース型やキューブ型でも交換は可能ですが、ドライブベイ(5インチベイ)が、基本1つなので増設はできません。

デスクトップパソコン一体型やノートパソコンは、たいていのモデルは交換すらできません。交換できるとしても、代わりの光学ドライブを見つけるのが難しく、交換作業も難しいです。

そのため、購入後に光学ドライブの交換や増設を自由に行いたいのであれば、デスクトップパソコンタワー型を選ぶ方が良いです。また、自分に合う光学ドライブが特に決まらない場合は、タワー型を選んでおけば、後で自分に合う光学ドライブを別途で用意して、交換や増設がしやすいです。

外付け光学ドライブ

パソコンに搭載されるのは内蔵光学ドライブですが、USB 等で接続して使用する外付け光学ドライブもあります。自分の使用用途に合う光学ドライブ搭載モデルが見つからなかったりした場合は、別途で外付け光学ドライブを用意する手があります。

ただし、ノートパソコンを選び、持ち運び先で光学ドライブを使うなら、光学ドライブも持ち運ぶ必要が出てきます。小型で軽量なポータブル光学ドライブがありますが、少しでも持ち運ぶ量は減らしたいものです。この場合は、しっかりと自分の使用用途に合う光学ドライブを搭載するモデルを選ぶのが望ましいです。

DVD ドライブか BD ドライブ

光学ドライブには、大きく分けて DVD ドライブと BD ドライブがあります。DVD と BD の大きな違いは1枚あたりの容量です。DVD は1枚あたり容量 4.7GB(2層は容量 8.5GB)ですが、BD は1枚あたり 25GB となっており、BD 規格によっては1枚あたり容量 100GB を超えます。

そのため、容量が大きい動画ファイルを大量に書き込みたいのであれば、BD が使える BD ドライブがおすすめです。もし、大容量を活かして BD で動画ファイル等をやり取りするのであれば、BD ドライブが必要となります。

また、ハイビジョン等の高解像度の動画を BD に書き込みを行って BD ビデオを作成し、BD プレーヤー等の BD 再生機器で視聴できるようにしたいのであれば、BD ドライブが必要です。DVD でも、ハイビジョン動画を書き込んで DVD ビデオを作成する事ができますが、DVD でもハイビジョン動画を書き込んで DVD ビデオを作れるようにする目的で開発された規格を利用して作成するため、再生するためには、利用した規格に対応した再生機器が必要となります。また、元々 DVD は長時間のハイビジョン動画を書き込めるほど容量が大きくありませんので、ハイビジョン動画で作成された DVD ビデオは短時間となります。

最近は、BD ドライブの価格が下がってきましたので、BD の使用予定がなくても今後使用する可能性を考えて、BD ドライブを選択するのもおすすめです。

DVD ドライブの選び方

DVD スーパーマルチドライブが標準的

DVD ドライブを選ぶ場合は、対応 DVD 規格が重要となってきます。対応外の DVD 規格のため、読み込みや書き込みができなくなる事がないよう DVD の全規格に対応した DVD スーパーマルチドライブの選択が目安です。

最近はどのパソコンも DVD スーパーマルチドライブを標準搭載しているため、DVD ドライブが搭載されているモデルなら確実と言っていいほど DVD スーパーマルチドライブです。ですが、念のため DVD スーパーマルチドライブが搭載されているか確認しておくと良いです。

BD ドライブの選び方

対応 BD 規格の確認

BD ドライブを選ぶ場合は、BD ドライブが対応している読み書き可能な BD 規格を確認しておく事が必要です。BD ドライブは、まだ BD の全規格に対応したものが普及している訳ではなく、BD の読み込みができますが書き込みには対応していないものもあります。そのため、ただ BD ドライブが搭載されているかどうか確認するだけでなく、書き込みも可能なのか、自分が必要とする BD 規格への書き込みに対応しているか十分確認する必要があります。

「内蔵ブルーレイドライブの選び方」掲載の BD 規格一覧にて、各 BD 規格の特徴を掲載しています。

自分の使用用途に合う BD ドライブ搭載モデルが見つからない場合は

BD ドライブは、あらゆるパソコンに搭載されるほど普及はしておらず、BD ドライブを標準搭載していないモデルが多いです。また BTO カスタマイズで BD ドライブの選択が可能であっても、全ての BD 規格に対応した BD ドライブを選べるとは限りませんので、自分の使用用途に合う BD ドライブを搭載するモデルがなかなか見つからない場合があります。

BD ドライブにこだわりすぎると選択肢が狭くなってしまいますので、自分の使用用途に合う BD ドライブ搭載モデルが見つからない場合は、別途で外付けの BD ドライブを用意するのがおすすめです。

おすすめ動画編集用パソコン販売店

動画編集用パソコンは、自分にとって必要な性能等を見極められるのであれば、各ショップで、一般に市販されている高性能モデルで十分です。ショップによっては、動画編集向けの仕様となっている動画編集用モデルを販売しています。

以下は、おすすめな動画編集用パソコン販売ショップ一覧です。
マウスコンピューター
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している数少ない国内メーカーです。コストパフォーマンスの高さも評価されて、様々な業務現場で採用された実績があります。
Dell
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している海外メーカーです。世界トップクラスのシェアを獲得しており、国内外の映像・音楽制作の現場でプロのクリエイターにも愛用されています。
ドスパラ
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売しているショップブランドです。クリエイターによって使用目的や求めるハードウェア条件が異なる事を考慮した選びやすいラインナップを展開しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン
ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です!
(キャンペーン実施中)
Dell
・オータムクリアランスセール
最大17%オフクーポン配布中。今なら対象CPU搭載モデルを買うとAmazonギフト券ももらえる!
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・おかげさまで25周年 ドスパラ周年祭
人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出!i7-7700K、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など、特典も目白押し!
(11月16日迄)
パソコン工房
・オータムセール
厳選BTOパソコン大特価!&メモリ・HDD・SSD 0円アップグレードまたは追加プレゼント実施中!
(10月31日迄)

動画編集用パソコンの選び方