ACアダプターと充電器の違いとは?

最終更新日 2020年07月09日

ACアダプターと充電器の違いとは何か

ACアダプターとは? | ACアダプター&スイッチング電源のユニファイブ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
一般ユーザーの間では、バッテリーなどに電気を供給する目的で使用するACアダプターのことを、「AC電源」「アダプタ」「充電器」または「バッテリー充電器」と呼ぶこともあります。
ACアダプタ - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2020/06/04)
内蔵する充電式の電池(二次電池)によって駆動することを前提とする機器では、ACアダプタの主目的は、電池を充電するための電流を供給することである。携帯電話など、こうした機器のACアダプタのことを充電器(充電機、じゅうでんき)と呼ぶこともある。
ACアダプターは交流から直流へ変換し電力を供給しますが、主にバッテリーを充電するために使うACアダプターを充電器と呼ぶことがあるようです。

タブレットやスマートフォン等に接続して使うACアダプターは充電器と呼ぶことが多いと思いますが、主な使用目的がバッテリーの充電であるので、充電器と呼ぶことが多いと考えられます。

ノートパソコンに接続して使うACアダプターは充電器と呼ぶことが少ないと思いますが、バッテリーの充電だけでなく常時接続して電力供給する目的での使用が多いので、充電器と呼ぶことが少ないと考えられます。

デスクトップパソコンに接続して使うACアダプターは充電器と呼ぶことがありませんが、バッテリーの充電に使うことがありませんので、充電器と呼ぶことがないと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)