Adobe RGBカラースペース(色空間)とは?

最終更新日 2020年08月03日

Adobe RGBカラースペース(色空間)とは何か

Adobe RGB | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
Adobe RGBとは、アドビシステムズ社が1998年に提唱した実用的なRGB色空間の定義です。
写真用語集 - Adobe RGB - キヤノンイメージゲートウェイ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
Adobe RGBとは、1998年にAdobe Systems社が発表した色空間(カラースペース)で、表現できる色の範囲を表します。
Adobe RGB(アドビアールジービー)の意味 - goo国語辞書 には、Adobe RGBカラースペース(色空間)について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
色空間の規格の一。1998年、米国アドビシステムズ社が策定。sRGBに比べて色の再現領域が広く、主に業務用のDTPの分野で用いられる。
以上いろいろな記事を見てきましたが、Adobe RGBカラースペース(色空間)とはアドビシステムズが提唱し策定したカラースペース(色空間)の規格のようです。

各記事のさらなる解説も参考にすると、カラースペース(色空間)が再現できる色の範囲を色域と呼びますが、Adobe RGBカラースペース(色空間)はsRGBカラースペース(色空間)よりも色域が広いそうです。

そのため、例えば画像データをディスプレイに表示したり印刷をしたりする場合、Adobe RGBカラースペース(色空間)が採用されていると豊かな色を再現できるそうです。

ただし、画像データを扱うもの全てがAdobe RGBカラースペース(色空間)に対応している必要があり、例えばデジタルカメラで撮影した画像データをディスプレイに表示したりプリンターで印刷する場合、デジタルカメラ、ディスプレイ、プリンターの全てがAdobe RGBカラースペース(色空間)に対応している必要があるそうです。

全てがAdobe RGBカラースペース(色空間)に対応していなくても画像データを扱えなくなるわけではありませんが、カラースペース(色空間)が異なると色域も異なり、正しい色を再現できなくなってしまうそうです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

Adobe RGBカラースペース(色空間)



デル株式会社