カラーマネージメントとは?

最終更新日 2020年08月02日

カラーマネージメントとは何か

カラーマネージメント - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、カラーマネージメントについて、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008/10/07)
カラーデータの画面表示と出力結果の色合いを近づけるように、機器の調整を行うこと。
カラーマネージメント その一 | DTP技術情報 | InDesign(インデザイン)専門の質の高いDTP制作会社―株式会社インフォルム には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2016/06/24)
まず「カラーマネージメント」。直訳すると「色の管理」、すなわち、ある環境やワークフローにおいて色を管理することを意味します。
カラーマネジメントって何? | Think IT(シンクイット) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008/07/10)
 このような問題を避けるため、どこでもある程度同じ色を共有できるようにする仕組みをカラーマネジメントと言います。
「このような問題」とは、例えばプリントしたものとモニターに表示されている色に違いが出てくる問題です。

以上いろいろな記事を見てきましたが、カラーマネージメントとは、同じデータだが色の見え方が異ならないように色を管理することのようです。

例えば、ある写真データをディスプレイに表示したり紙にプリントする場合、ディスプレイと紙で色の見え方が異なってしまうと問題ですが、カラーマネージメントにより色の見え方が異ならないようにできます。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

カラーマネージメント



デル株式会社