昔はコンピューターとは人間の職業名だった?

最終更新日 2019年10月11日

昔はコンピューターとは人間の職業名だったのか

今ではコンピューターとは電子計算機のことであり、コンピューターと聞くと人のイメージは出てきませんが、昔はコンピューターとは人間の職業名だったそうです。

コンピューターと呼ばれた女性たち には、以下のとおり書かれています。
◎ 現在では、 コンピューターと云う言葉は 「電子計算機」 を指しているが、 そもそもは 「コンピューター」 と云う言葉は人間の職業名であった。 研究機関や企業にあって数学的な計算を担当していた人びとを指していた。 通常、 数人でチームを構成し、 巨大で複雑な計算を分担して、 同時並行的に行った。 来る日も来る日も、 対数表を片手に手計算か、 もしくは手回し式の計算機で計算をした。
 彼らは 「計算手」 (computer) と呼ばれた。 「コンピューター」 と云う言葉は、 もともとは、 こうした人たちのことであった。 若手の研究者たちが、 この仕事を命じられていた。
同記事によると、1900年頃にハーバード大学天文台のエドワード・ピカリングは、天文台の計算手として大量の女性を採用したことでコンピューター(計算手)になる女性が増え、さらには第二次世界大戦で男性の若手研究者たちが戦争に徴兵され減ったため、コンピューター(計算手)は女性の職業の一つとなったそうです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)