製品と商品の違いとは?

最終更新日 2020年02月29日

製品と商品の違いとは何か

製品(せいひん)の意味 - goo国語辞書 には、製品について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
販売するためにつくった品物。ある原料からつくった品物。「プラスチック製品」
商品(しょうひん)の意味 - goo国語辞書 には、商品について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
売るための品物。販売を目的とする財およびサービス。「商品を陳列する」「目玉商品」「キャラクター商品」
さ行 | ビジネス基本用語集 | ナビゲート には、製品と商品について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2017年3月27日)
一般には同義として用いる場合が多い。特に市場で売買の対象としてとらえるときには「商品」と呼び、製造されたものという点に注目したときに「製品」と呼ばれている。
自社製品、他社製品は、自社または他社が製造したもの。また他社製品も自社が仕入れて販売するときには、自社商品となる。
例えば、PCパーツや周辺機器にはリテール品やバルク品がありますが、リテール品やバルク品はショップ等で販売されるものですので、商品と呼ぶのに相応しいと考えられます。

リテール品やバルク品として販売されている商品に入っているPCパーツや周辺機器自体に注目する場合、製品と呼ぶのに相応しいと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で18〜23%OFF等の11大特典
(3月25日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(4月8日迄)