バッテリーを冷やすと寿命が延びる?

最終更新日 2019年10月11日

バッテリーを冷やすと寿命が延びるのか

お家の冷凍庫に電池が入ってる人、ニュースです。 | ギズモード・ジャパン では、(この記事の公開年月日は2010年3月29日)
今まで、多くの研究で冷凍庫に電池を保管することによって、長持ちするようになるという結果が出ています。これは、よく電子機器に使用されているNiMHとニッケルカドミウム電池の場合の話で、アルカリ電池だと冷凍してもバッテリ寿命は約5%ぐらい伸びるぐらいです。それに比べ、NiMHとニッケルカドミウム電池は冷凍することによって、バッテリじゅみょうが90%も伸びます。
この引用文は Huffington Post に掲載されていた記事を翻訳したものであり、原文を Freezer Freaks: 5 Weird Things I Freeze To Save Money | HuffPost にて見てみます。(この記事の更新日は2011年3月25日)
* Batteries: A number of studies have shown that storing batteries in the freezer helps them retain their charge longer. This is less true for alkaline batteries (freezing extends their shelf life by only about 5%) than it is for NiMH and Nicad batteries often used in electronics. Keeping NiMH batteries in the freezer can boost battery life by 90%.
バッテリー(電池)を冷やすと、長持ちするという意味で寿命が延びるようです。バッテリー(電池)は自己放電しますので放置していても容量が減りますが、冷やすことにより自己放電を抑えられると考えられます。

冷やすと効果があるのは NiMH(ニッケル水素電池)とニッケルカドミウム電池、アルカリ電池に関しては冷やしても効果はあまりないようです。

最近ではリチウムイオンバッテリー(電池)が普及しています。(2019年5月15日時点)

リチウムイオンバッテリー(電池)でも冷やすと長持ちするのでしょうか。

「充電は使い切ってから? こまめにすべき?」。充電上手になるための、正しい「リチウムイオン二次電池」講座|TIME&SPACE by KDDI には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新日は2018年7月25日)
筆者が子どもの頃は、乾電池を冷蔵庫に保存すると長持ちすると教えられていたものだが、極端な低温(0度など)でもなければリチウムイオン充電池を冷やすこと自体に問題はない。だが、怖いのは結露だ。電子機器や充電池にとって水は大敵。水の侵入によって回路がショートを起こす可能性がある。熱くなったスマートフォンを冷蔵庫に入れるのは避けよう。
リチウムイオンバッテリー(電池)を冷やすと効果はあるようですが、どれくらいの効果があるのかは不明です。

理由は不明ですが、リチウムイオンバッテリー(電池)を冷凍するのは良くないようです。リチウムイオンバッテリー(電池)を冷蔵庫で冷やすのも結露の問題があるので良くないようです。

個人的な意見ですが、リチウムイオンバッテリー(電池)の自己放電は少なく減りが遅いと思いますので、冷暗所にでも保管しておけば十分だと思います。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)