バッテリーのメモリー効果

最終更新日 2023年09月07日

バッテリーのメモリー効果とは

基礎

バッテリーのメモリー効果とは、まだ容量が残っている状態から充電することを繰り返すと、充電を始めたときの容量まで放電すると電圧が低下し、まるで容量がなくなったようになることです。メモリー・コウカと読みます。

メモリー効果の例

例えば容量の半分まで放電したら充電し、また容量の半分まで放電したら充電する、以上を繰り返すとメモリー効果が起き、容量の半分まで放電したら電圧が低下し、そこで容量切れのようになります。

メモリー効果の由来

メモリーとは、半導体メモリーを使用する記憶媒体です。バッテリーにメモリーがあるわけではありませんが、まるでメモリーがあるかのように充電を始めたときの容量を記憶するのでメモリー効果と呼びます。

メモリー効果が起きるバッテリー

バッテリーの全てにメモリー効果が起きるわけではありません。例を挙げると、ニッケルカドミウム電池、ニッケル水素電池はメモリー効果が起きます。リチウムイオンバッテリーはメモリー効果が起きません。

メモリー効果を防ぐ方法

メモリー効果が起きるバッテリーを使用する場合、容量がなくなるまで放電したら充電するようにします。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・初夏セール
最大45,000円OFF!!
(5月22日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大15%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・5月の超おすすめ!ピックアップ
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意
(キャンペーン実施中)

バッテリーの耐久性



デル株式会社