バッテリーの接触を良くすると持ちが良くなる?

最終更新日 2019年10月11日

バッテリーの接触を良くすると持ちが良くなるのか

2/2 携帯電話のバッテリーを復活させる方法 [節約] All About には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年8月29日)
気になるモノは、「ナノカーボンPC」という接点改質剤。なんでも、ものすごく小さな導通ダイヤが金属表面の凸凹を埋めて、電気の流れを良くするという仕組みだそうです。

(略)

携帯電話の電池を一度もはずしたことがなくても、意外に接点が汚れていたり、削れていたりしているもの。その接点をナノカーボンで改良すれば、電気が良く流れ充電量が増えるのでしょう。

ナノカーボンPCは、電池だけでなく、コードや電子部品等に幅広く使え、効果もさまざまあるようです。携帯電話の電池に塗ると、もちが良くなるだけでなく、音質や動作が良くなったりということもあるようです。
同記事の筆者によると、家族が所有する携帯電話のバッテリーが購入当初は約1週間もっていましたが、約1年半経った頃になると朝充電して夜までもたなくなりましたので、「ナノカーボンPC」をバッテリーの端子に塗ってみたところ、バッテリーが約6日間もつようになったそうです。

同記事の筆者の家族や友人等が所有する携帯電話のバッテリーに塗ってみたところ、ほとんどの人からバッテリーのもちが良くなったと言われたそうです。

第2回 さっとひと塗りで導電性能が改善――「ぬるだけナノ」 - ITmedia Mobile では、メモリーカード、携帯電話やデジタルカメラのバッテリー、ヘッドフォン端子、AV 端子等の接触不良を解決できる「ぬるだけナノ」を紹介しています。(この記事の公開年月日は2009年9月24日)

「ぬるだけナノ」をバッテリーに使うと導電効率を向上させることができバッテリーの持ちをよくできるそうですが、同記事の筆者が試してみたところ効果は見られなかったそうです。
 なお、筆者の携帯電話のバッテリーに使用し、バッテリー切れ警告が出るまで動画を再生させてバッテリーテストを行ってみたが、塗布前は1時間48分だったところが塗布後は1時間44分とわずかに再生時間が短くなってしまった。この差異は誤差の範囲といえるが、少なくともバッテリー持続時間の向上という現象は見られなかった。

 この点についてはパッケージの説明でも「新品時や寿命が近づいたバッテリーの場合は、効果が現れにくい場合があります」と書かれている。ぬるだけナノは確実に接点の導電性能を復活させるが、バッテリー性能の向上については過度の期待はしない方がいいかもしれない。
同記事の検証で使われたバッテリーの劣化具合は書かれておらず、バッテリーの持ちが改善しなかった理由の考察はされていないため、なぜ効果が出なかったのかは不明です。

All About の記事ではバッテリーの接触を良くするとバッテリーの持ちも良くなった場合が多かったようですが、ITmedia Mobile の記事の筆者は、バッテリーの接触を良くしてもバッテリーの持ちは良くならなかった場合だったようです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)