リチウムイオンバッテリーでトリクル充電すると寿命を縮める?

最終更新日 2019年10月11日

リチウムイオンバッテリーでトリクル充電すると寿命を縮めるのか

スマホの100%充電はNG?!(鴻池賢三) - 個人 - Yahoo!ニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015年12月10日)
 なお、100%充電状態でコンセントに接続したままなど充電を継続すると、軽微な放電とそれを補う充電を細かく繰り返す「トリクル充電」が起こり、これが寿命に悪影響を与えるという説がありますが、「トリクル充電」はサイクル充電の一部と考えられます。
サイクル充電とは、放電と充電を繰り返す充電のことです。サイクル充電の回数は、簡単に言えば100%分の充電を行ったら1回カウントします。

例えば、バッテリーを50%から100%へ充電したら0.5回であり、そこからバッテリーが50%に減り、また50%から100%へ充電したら合計100%分充電したことになり1回となります。

リチウムイオンバッテリーは、このように継ぎ足し充電をしても寿命に影響はないと言われていますが、100%充電完了後も電源コンセントに接続したままだと、トリクル充電により放電と充電の繰り返しが頻繁に行われ、寿命に悪影響があるとも言われています。

同記事によると、はっきりとは書かれていませんが、トリクル充電はバッテリーへ悪影響を与えないようです。

「充電は使い切ってから? こまめにすべき?」。充電上手になるための、正しい「リチウムイオン二次電池」講座|TIME&SPACE by KDDI には、リチウムイオンバッテリーに対する頻繁な継ぎ足し充電について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年7月25日)
ただし、継ぎ足し充電を頻繁に行うと「サイクル数を増やしてしまう」懸念がある。サイクル数は充電から放電を1サイクルとして「どれくらい充放電を繰り返せるかの回数」のこと。従ってリチウムイオン電池といえども、「むやみな継ぎ足し充電は、長い目で見ればあまりおすすめできない」ということになる。
同記事の「継ぎ足し充電」とは、電池を使いきる前に充電することです。

同記事では、充電した容量に関係なく放電と充電の繰り返し回数をサイクル数としているようですが、継ぎ足し充電はおすすめできないようです。その理由は、書かれておらず不明です。

トリクル充電は、頻繁な継ぎ足し充電に当てはまると考えられますが、何らかの悪影響があるようです。

トリクル充電とは何ですか? | ブラザー には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2017年7月19日)
一方、Li-ion(リチウムイオン)充電池は、こまめに充電すると寿命を縮めることになりますので、できるだけ電気を使いきってから充電するようにしてください。
同記事によると、リチウムイオンバッテリーに対してトリクル充電を行うと、寿命を縮めてしまうようです。

「充電繰り返すとスマホ電池は劣化」は都市伝説? バッテリー寿命を延ばすコツ|TIME&SPACE by KDDI には、リチウムイオンバッテリーの充電回数について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年8月1日)
近年、電池の性能は上がっていますが、現在スマートフォンで多く使われている電池のメーカー保証サイクルは一般的に約500サイクル程度のものが多いです。1サイクルの定義はエンジニアにより見解が異なりますが、電池切れから満充電まで充電して1サイクルとする見解が多いです。但し、私の経験上では「継ぎ足し充電」というか、電池切れ状態や満充電に関わらず充電を繰り返すことも電池劣化に影響すると考えています。毎日1回充電すると2年以内に劣化してしまう計算ですが、500サイクル後の電池劣化具合は製品毎に異なるものの、一般的には日常の使用が難しくなるほどの劣化具合ではないので、実用上の電池寿命については、もう少し長くなると思います。
「電池切れ状態や満充電に関わらず充電を繰り返すこと」はトリクル充電にも当てはまることだと思われますが、リチウムイオンバッテリーへトリクル充電を行うと、バッテリーの劣化を早め寿命が縮むようです。

しかし、トリクル充電を含め継ぎ足し充電がどれくらい悪影響を与えるのかは書かれておらず不明です。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)