USB端子によって充電時間が変わる?

最終更新日 2020年12月27日

USB端子によって充電時間が変わるのか

スマホの充電 「急速対応」のはずなのに遅いワケ|NIKKEI STYLE には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/03/09)
USB端子の規格によって流せる電流量は変わってくる。パソコンのUSB端子は手軽に充電に使えるものの、規格上の最大電流はUSB2.0で0.5A、USB3.0でも0.9Aにとどまる。2.4Aや3Aの電流量に対応する充電器やモバイルバッテリーのほうがパソコンのUSB端子に比べて高速に充電できる。
USB端子が流せる最大電流は規格によって違うようです。そのため、USB端子によって充電時間が変わるようです。最大電流が大きいほど供給電力も大きく充電時間を短くできます。

同記事では端子の規格ごとの最大電流を掲載しており、表にまとめると以下のとおりです。

端子 最大電流
USB 2.0 0.5A
USB 3.0 0.9A
USB BC(Battery Charge) 1.5A
タイプC 1.5A
3A
アップルの独自仕様 標準 1A
アップルの独自仕様 高出力 2.4A

アップルの独自仕様とは、Lightning(ライトニング)端子を指すと思われます。

タイプCの最大電流に1.5Aと3Aがありますが、規格で1.5Aまたは3Aと決まっています。

タイプCに限ったことではありませんが、規格の最大電流と実際の最大電流が同じとは限りません。

例えば、スマートフォンにあるタイプCのUSB端子が規格のとおりに最大電流3Aに対応できるように作られていても、そのスマートフォン自体が最大電流2Aまで対応となっている場合があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
最大88,000円OFF!!
(7月6日迄)
DELL
・夏の準備応援セール
即納モデルがお買い得 クーポンで最大25%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・夏のボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古PCも勢揃い!
(7月12日迄)

バッテリーとUSB



デル株式会社