Bluetooth LE対応がAirDrop動作条件に必要?

最終更新日 2021年03月30日

Bluetooth LE対応がAirDrop動作条件に必要なのか

なぜ「AirDrop」はBluetoothを使うのにファイル転送が速いの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、AirDropについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014/11/06)
ハードウェアがBluetooth 4.0(Bluetooth LE)に対応していること、通信時に無線LANとBluetoothの両方をオンにしておくことという条件はありますが、いつ/どこでもワイヤレスでファイルをやり取りできる利便性の高い機能です。
iPhoneは最新のBluetoothに対応しているから音がいいの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/06/24)
ワイヤレスでファイルや各種情報をやり取りする「AirDrop」の動作条件として、Bluetooth 4以降(Bluetooth LE)があるのはそれが理由です。
以上いろいろな記事を見てきましたが、Bluetooth LE対応がAirDrop動作条件に必要のようです。

Bluetooth LEはBluetooth 4.0で追加された仕様ですので、Bluetooth LE対応であればBluetooth 4.0以降に対応しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ブラックフライデーセール
最大75,000円OFF!!
(11月30日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
最新パソコンがクーポンで最大38%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・ボーナスセール
ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意
(11月29日迄)

BluetoothとAirDrop



デル株式会社