バスブリッジとは?

最終更新日 2019年10月11日

バスブリッジとは何か

バスブリッジ - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、バスブリッジについて、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年10月7日)
PCIで実装されたバスの橋渡し的な役割を果たすデバイス。あるPCIバスを別のバスに変換し、相互にバスサイクルをやり取りする。PCIではこのバスブリッジにより、ISAやEISAという従来の拡張バスとの互換性を保っている。またPCIバスを延長して接続デバイス数を増やすのに、PCI-PCIブリッジも存在する。これは2本のPCIバスを相互接続するデバイスだ。 もちろん、CPUの外部バスとPCIバスを接続するブリッジも存在する。PC互換機では、PCI用チップセットにこのブリッジが含まれる。
PCI バスを別のバスに変換するデバイスを、バスブリッジと呼ぶようです。

PCI バスを分岐させる PCI-PCI ブリッジ、PCI バスと CPU の外部バスを接続するブリッジも、バスブリッジの一種と見ても良いと思います。

PCI が登場する前からバスブリッジと呼べるデバイスはあり、例えば ISA バスと CPU の外部バスを接続する ISA バスブリッジがあります。


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
お買い得商品を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)

バスブリッジ



デル株式会社