EISA(Extended ISA)とは?

最終更新日 2019年10月11日

EISA(Extended ISA)とは何か

EISA - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、EISA について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年10月8日)
IBMのMCAに対抗して、PC互換機の有力メーカー9社(Gang of Nine)が集まって策定したバスアーキテクチャー。ISAとの互換性を維持しつつ、性能と機能を向上させている。
Insider's Computer Dictionary:EISA とは? - @IT には、EISA について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2002年8月9日)
 1980年代末〜90年代中頃にかけて、PCサーバやワークステーション、ハイエンド・デスクトップPCなどで採用された拡張バス規格の1つ。それまでの標準拡張バス規格であったISAバスをベースにして、その性能や機能を大幅に向上させたもの。ISAとの互換性を維持しつつ、最大でISAの4倍の転送速度を実現している。現在はPCIバスに置き換えられており、まず見かけることはない。
EISAバスの意味 - ネットワーク用語集 - goo辞書 には、EISA について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
ISAバスの拡張版で、バス幅は32ビット。2つのバスが並んでおり、ISA、EISAの両方を装着のできるバスである。最近では、高速性と信頼性からPCIバスへ移行されている。最大データ転送速度は33MB/s。
EISA とは、この ISA(Industry Standard Architecture)と互換性があり性能と機能が向上している拡張バスの規格のようです。

ISA も拡張バスの規格ですが、CPU の性能が向上し、ISA の性能(データ転送速度)不足が問題となり、ISA よりも高速な拡張バスの規格を開発するメーカーが出てきました。

そこで、ISA の後継となる MCA(Micro Channel Architecture) や EISA が登場しました。MCA も ISA と比べて性能と機能が向上していますが、ISA と互換性はありません。


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
お買い得商品を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)