入出力バス(I/Oバス)とは?

最終更新日 2019年10月11日

入出力バス(I/Oバス)とは何か

入出力バス - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年4月16日)
にゅうしゅつりょくばす 【入出力バス】 input-output bus, I/O bus

バスの中で、外部機器とデータをやりとりするためのもの。USBやシリアルポート、PS/2ポートなどがこれに相当する。
バスとは、データ信号の送受信に使う信号線です。バスには接続する対象によって様々な種類があるようで、接続対象が外部機器のバスを入出力バス(I/O バス)と呼ぶようです。

外部機器と聞くとパソコン本体の外部に設置する周辺機器、例えば外付けストレージ、プリンター、キーボード、マウス等をイメージしますが、USB、シリアルポート、PS/2 ポートはどれも外部設置の周辺機器との接続に使います。

パソコン本体の内部に設置する周辺機器、例えば内蔵ストレージ、ビデオカード等を接続するために使う Parallel ATA、Serial ATA、AGP、PCI Express 等も入出力バス(I/O バス)と呼ぶことがあります。


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
お買い得商品を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)